PTVSリサーチ

 Setting  PTVSリサーチ はコメントを受け付けていません。
5月 292016
 

-導入
http://postd.cc/why-write-python-in-visual-studio/

-2012
http://pytools.codeplex.com/releases/view/82132
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20131029_621367.html
http://pyconjp2012-windows-azure-handson.azurewebsites.net/contents/cloudservices/install_ptvs.html

-2015
http://ecoday.jp/951/windows10%E3%81%A7python%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%82%92%E6%A7%8B%E7%AF%89%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%82/

-2012Ultimate ClassDiagram
https://channel9.msdn.com/Series/Visual-Studio-2012-Premium-and-Ultimate-Overview-JPN/Visual-Studio-Ultimate-2012-Improving-architecture-through-modeling-JPN

-2015 ClassDiagram
http://so-zou.jp/software/tech/tool/ide/visual-studio/modeling/class-diagram/

 

-UML Diagram
—Eclipse AmaterasUML
http://amateras.osdn.jp/cgi-bin/fswiki/wiki.cgi?page=AmaterasUML
http://p–q.blogspot.jp/2014/03/uml3eclipseumlamaterasuml.html
—astah*
https://ja.astahblog.com/2015/12/22/how-to-auto-create-class-er-diagram/
—pyCharm(IDE)
https://www.jetbrains.com/pycharm/

https://waterprogramming.wordpress.com/2015/07/29/pycharm-as-a-python-ide-for-generating-uml-diagrams/

国土地理院基盤地図情報をArcGISを用いて線データにする方法(メモ)

 2年環情_津久井 森見, Setting  国土地理院基盤地図情報をArcGISを用いて線データにする方法(メモ) はコメントを受け付けていません。
1月 092016
 

1.国土地理院基盤地図情報ダウンロードサービスにログイン
2.基盤地図情報ビュアーをダウンロードして開く3.FGDV.exeを開く
4.webに戻り、「基盤地図情報基本項目」を開く
5.必要項目をチェックし、「地図から選択」をクリック
6.地図から必要な区画を選択(複数選択可)し、左の「選択完了」
7.ダウンロード
8.解答
9.3で開いた基盤地図情報ビュアーに、展開したXMLドキュメントをドラッグドロップ
10.レイヤーリストから不要なものを削除
11.エクスポート
12.【重要】変換種別を「シェープファイルに変更」

13.右側の「すべてON」
14.OK
15.スタートメニューよりARCMAPを起動
いらない16.14でエクスポートしたファイルをARCMAPにドラッグアンドドロップ
17.ARCTOOLBOXをクリック


18.変換ツール→CADへ変換ダブルクリック
19.入力フィーチャでフォルダを選択し、ファイルを全選択する
20.出力フィーチャを選択しOK
21Rhinocerosを起動し、DWGファイルをドラッグアンドドロップ

2015夏合宿

 2015 Spring, 2015 Spring, 05.Log, Study  2015夏合宿 はコメントを受け付けていません。
8月 212015
 

【参加者】

参加者:入矢(20日の発表次第)、本間(院試)、石森(海外)以外

うららさんは2日夜以降抜ける

 

【概要】

■日時 : 2015/09/17/Thu – 2015/09/22/Tue

□集合 : 2015/09/17/11:00

■場所 : 森アトリエ

□目的 : プリズミックプロジェクト(PP)の作業、輪読会によるリテラシーの共有

 

【一日の流れ】

■1~3日目

11:00~13:00 PP作業

13:00~14:00 昼ごはん

14:00~18:00 PP作業(休憩あり)

18:00~20:00 夜ご飯

20:00~21:30 輪読会①

21:30~23:00 輪読会②

■4、5日目

11:00~13:00 PP作業

13:00~14:00 昼ごはん

14:00~18:00 PP作業(休憩あり)

18:00~19:30 夜ご飯

19:30~21:00 輪読会①

21:00~22:30 輪読会②

22:30~24:00 輪読会③

【輪読会】

チェアマンは各自担当の司会進行をお願いします。

輪読会は1~3日までは2会、4,5日目は3会あります。

各自の本一覧

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1P76OBtcPuVWwZnQeAa4J8VaaDCuviGLep_bIszKPp6I/edit#gid=421210147

■1日目

 

①考える脳考えるコンピュータ

チェアマン:渡辺

参加者:亀岡、渡辺、太田、津久井、山嵜、加藤

②パターン、Wiki XP ~時を超えた想像の原則

チェアマン:梅澤

参加者:亀岡、佐々木、渡辺、梅澤、本田

■2日目

①市場・知識・自由

チェアマン:横尾

参加者:亀岡、佐々木、三浦、津久井、小嶋、高田、本田、横尾

②なめらかな社会とその敵

チェアマン:山嵜

参加者:三浦、梅澤、山嵜、吉田、加藤

■3日目

①建築の四層構造

チェアマン:太田

参加者:佐々木、太田、吉田、小嶋、本田

②群れは意識をもつ

チェアマン:亀岡

参加者:亀岡、太田、山嵜、高田、本田、横尾

■4日目

①進化のなぞを数学で解く

チェアマン:三浦

参加者:亀岡、佐々木、太田、三浦、山嵜、高田

②基礎情報学1,2

チェアマン:吉田

参加者:三浦、梅澤、津久井、吉田、小嶋、横尾

③生物と無生物のあいだ

チェアマン:加藤

参加者:太田、吉田、加藤、高田、横尾

■5日目

①形の合成に関するノート/都市はツリーではない

チェアマン:小嶋

参加者:三浦、梅澤、津久井、吉田、加藤、小嶋、高田、本田

②ダーウィンを数学で証明する

チェアマン:津久井

参加者:佐々木、梅澤、津久井、横尾

③アーキテクチャの生態系

チェアマン:加藤

参加者:山嵜、加藤、小嶋

 

 

 

DjangoでmySQLデータベースに設定する方法

 Setting  DjangoでmySQLデータベースに設定する方法 はコメントを受け付けていません。
9月 062014
 

データベースを作成する

1,XAMPPを立ち上げ、MySQLのAdminをクリック

2,ユーザ→ユーザを追加する

3,ユーザ名を記入し、グローバル特権にチェックを入れる(ユーザの作成完了)

4,左側のタブのnewをクリックし、データベース名を記入する(データベースの作成完了)

mySQL-pytonをインストールする。

1,イージーインストーラーをインストール

2,http://www.codegood.com/archives/129 ここからmySQL-pythonをインストール

テーブルを作成(コマンドプロンプト)

 

140808_夏合宿3日目

 #14. 2014/07/14(Mon), Study  140808_夏合宿3日目 はコメントを受け付けていません。
8月 082014
 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Topic

1.アウトプットの構成

2.これから

3.今後の予定

4.InDesign講習(松川先生)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

1.アウトプットの構成

 

・A5(見開きA4)

・見開きB4の紙に印刷、裁ち落とし

 

今年度:セルフ製本or発注(少部数)

来年度:予算をかけて印刷

 

参考:長岡造形大学 山下秀之 山下研究室 Visions of architecture

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

2.これから

 

印刷方法:エンボス加工、バーコ加工

紙質:

オンデマンド印刷とオフセット印刷

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

3.今後の予定

 

8/8 アーカイブ

8/9 夜:レイアウトコンペ

8/10 夜:打ち上げ(予定)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

4.InDesign講習(松川先生)

 

「グリッドとガイド」

>ガイドを隠す

>グリッドを隠す

>背面にグリッドを表示

>グリッドにスナップ

>ドキュメントグリッドを表示

 

「環境設定」

>グリッド>間隔3mm

 

「ウィンドウ」

>ページ

マスターページ:フォーマット、テンプレート

・・・ウィンドウ下部のタブで追加

ドキュメントページ:実際のコンテンツ

・・・右クリックで「ページを追加」「マスターページを適用」

 

【長方形フレームツール】

>ファイル>配置>画像を選択して配置(右クリックで「オブジェクトサイズの調整」)

 

【解像度とサイズ】

解像度はdpiもしくはppi(300-350dpiが推奨される)

サイズは縦×横の大きさ

・・・今回は解像度をそのままにしてサイズ調整する(小さくすれば解像度が上がる)

・・・Photoshopで加工するときは「再サンプルしない」

 

【パッケージ】

ファイル>パッケージ

・・・リンクファイルやフォントをまとめて新しいファイルに保存し共有する

 

 

 

140712_解体_工具類在庫確認

 #13. 2014/07/07(Mon), 05.Log, Study  140712_解体_工具類在庫確認 はコメントを受け付けていません。
7月 122014
 

在庫チェック

(●本+●本+●本 の表記は、パッケージが別であるの意)

 

【ビス】

太さ*長さ

3.3*16・・・500本

3.3*25・・・180本

3.3*45・・・60本

3.8*28・・・100本

3.8*38・・・100本

3.8*75・・・200本

4.2*45・・・800本

4.2*65・・・200本+300本

5.2*120・・・35本

 

【釘】

長さ

20・・・100本

 

【パネルピン】

長さ

25・・・95本+95本

 

【ステープル】太さ1.2mm

肩幅*足長

10*6・・・3500本+1000本+1000本

10*13・・・550本

10*25・・・4000本

 

【ホッチキス針】

肩幅*足長

11.5*6・・・3000本

11.5*10・・・2400本

 

【その他】

金づち(大)・・・7本+1本(入矢さん所持)

金づち(小)・・・2本

軍手・・・13組

 

140710_片付け_木材在庫確認

 #13. 2014/07/07(Mon), 05.Log, Study  140710_片付け_木材在庫確認 はコメントを受け付けていません。
7月 102014
 

ラワン合板

2.5mm厚 450*800mm 14枚+端材

5.0mm厚 450*800mm 2枚

 

土曜日やることリスト

・(部材が乾いてから)解体、しまう

・パーツが全部あるか確認

・ビス、かなづち等の在庫確認

140630_研究会ログ

 Study  140630_研究会ログ はコメントを受け付けていません。
6月 302014
 

・モデルの形確認

→やる事:一つずつのセルを作ってそれぞれをクリップでとめる

雨対策:ビニールを付ける案は熱すぎて熱中症になりそうなので、モデル自体はそのまま。人がΑ館に移動するだけ

 

・実務班

→切り出し完了、組み立てるだけの資材の準備は万端。

屋根:垂木の説明

→ひさしが出てしまっている部分については現場判断で留め方を検討

プロジェクター:吊り方を説明

 

・映像班

→Arkhitektomeの生成の過程を見せる。そのプログラムは生成中。時間は検討中。横8×縦20のモデルを流す予定

 

・施工手順説明

・今日のやる事

1、資材をΑ館に移動

2、「組み立て工程」に沿って施工

垂木班:梅沢、佐々木

タッカー/屋根study班:加藤、相原

映像班:これまでの続き

その他:生成!

記録係:亀岡、本間

 

 

140630_研究会ログ

 2014 Spring, #12. 2014/06/30(Mon), 05.Log, 06.Meeting, Study  140630_研究会ログ はコメントを受け付けていません。
6月 302014
 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トピック

1.七夕祭門プロジェクトの進捗共有

2.今日について(施工の手順確認)

3.今後のスケジュール

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1.七夕祭門プロジェクトの進捗共有

フルモデル

https://drive.google.com/file/d/0BzaG9aV7or9OUTg4cEs5eXRPbHc/edit?usp=sharing

 

雨の対策・・・

 

【実務班】

本体(フレーム、当て木、リブ、クリップ)

屋根

垂木・バッファ

プロジェクタ機構

治具

【映像班】

コンテンツ

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2.今日について(施工の手順確認)

組み立て工程

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1HUdJtdj3PRvRUL0ONqMf9CnsfFrayp-I3xkEGr9uy_o/edit?usp=sharing

組み立て方(パーツまとめ)

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1av0_5N2ISFpsUS_ZPrwDChdhCwCOfIqtSvCdH-B086Y/edit?usp=sharing

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3.今後のスケジュール

6/30月:施工

7/1火:施工

7/2水:施工

7/3木:施工

7/4金:設置

7/5土:七夕祭

7/6日:解体

 

 

 

140628_七夕祭mtgLog

 #11. 2014/06/23(Mon), 05.Log, Study  140628_七夕祭mtgLog はコメントを受け付けていません。
6月 282014
 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トピック

1.部材の確認報告

2.実施スタディと必要な部品(軸組み、垂木、屋根、プロジェクタ機構)

3.発注の事後作業について(山六木材、光製作所)

4.セル内の配置スタディ

5.プロジェクション班報告

6.今後のスケジュール

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

1.部材の確認報告

軸組み、リブ、クリップ、当て木、屋根、治具、バッファ、プロジェクタ機構

 

軸組み(加藤)

確認方法

A,B.C毎に分けて、番号によって振り分け

面ごとに必要部材があるか確認

⇒全て揃っていることを確認

 

屋根(亀岡)

全て揃っているが

文字の印字が板を抜いてしまっている(6やB)

A12がダブっている

→実際はA18まであるが、A12からナンバリングが1つずつずれている

⇒部材は全て揃っていることを確認

 

リブ、クリップ、当て木(本間)

全て揃っていることを確認

 

治具、バッファ、プロジェクタ機構(梅澤)

全て揃っていることを確認

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2.実施スタディと必要な部品(軸組み、垂木、屋根、プロジェクタ機構)

パーツまとめ https://docs.google.com/spreadsheets/d/1av0_5N2ISFpsUS_ZPrwDChdhCwCOfIqtSvCdH-B086Y/edit?usp=sharing

組立て工程 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1HUdJtdj3PRvRUL0ONqMf9CnsfFrayp-I3xkEGr9uy_o/edit?usp=sharing

 

【軸組み】

・フレームとリブ

38mmビスだと板が割れまくり。

28mmは見た目は膨らんでいるだけだが、38mmは浮く。

リブだけに打ち付けてみると、20mmでもぎりぎり膨らむ。(20mmは木割れ防止ビス)

 

ビス同士が干渉しない打ち方を検討。

⇒25mmのステープラー針、25mm、16mmの木割れ防止ビス、タッカー抜きを月曜日に購入し、検討

 

・当て木とフレーム

表側から16mmを4本、裏側からも2本打ち付ける

 

・かたいリブ問題

木材の等と類が違っていた可能性がある。

1.リブの先端をやすりで削る。

2.リブの先端を両面トンカチで叩く。

→2.が抜けにくく、ORFでも利用できるのでは。

現状、9.0mm以上のリブで検討ができていない。

 

【屋根、垂木、バッファ】→屋根をつけるタイミング

垂木のカットは±1mmほどの誤差がある。

 

・垂木どうし

2本で留める

 

・垂木とバッファ

垂木を先に組み、バッファと屋根を仮置きしながら垂木の位置を探る

 

・垂木とフレーム

38mmを2本留める

ネジの頭の部分が割れている

 

・垂木とバッファ/フレームと屋根

セルが立体になると、外側からネジを打つのは難しい。

→先に垂木を作って垂木を下に置いて、フレームをその上に置いて打つことが望ましい。

現場調整で頑張りましょう。

 

 

【プロジェクタ機構】

・ハコ

プロジェクタとともに後からつける。

・ハコと垂木

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3.発注の事後作業について(山六木材、光製作所)→見積書、納品書、請求書

【山六木材】

9mmラワン(高木さん)

全て完了

2.5mmラワン(山嵜)

佐々木さんに検収してもらって

全て完了

 

【光製作所】(渡邉)

車に乗っていた部材写真で検収

見積書の日付が、納品書、請求書の日付より前になっているように。

紙でもらって、社印をいただく。

 

【ものたろう】(相原)

タッカー等

検収済

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

4.セル内の配置スタディ(山嵜)

 

コードは10mくらいを想定(延長可)

コードの経路は、3パターン用意。

リブにコードをどうやってつけるかを検討

机(1200*400)がいくつ置けるか確認

 

VGAケーブルが何mあるか確認

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

5.プロジェクション班報告

コード作成中。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

6.今後のスケジュール

・6/30月曜日

研究会で全体の進捗を確認。

その後運び始めて、18:00~22:00施工。

 

 

基本的に、毎日18:00~22:00で施工。

その後の予定は進捗を見ながら。

 

月曜日までにやらなければいけないこと。

・ものづくり工房の鍵(栂木材片付け7/5(土)まで)

・買い出し(ビス、ステーブル、ステーブル抜き、)

 

 

今後、CADデータもlogに貼る。

140628_ToDo

 2014 Spring, 05.Log, Study  140628_ToDo はコメントを受け付けていません。
6月 282014
 

実務

【本日やること】

 

材料の購入

タスクの確認

 

・45mm角材は手ノコでとりあえず実験(梅澤)

 

・内部の配置について進捗報告(山嵜)

 

・光製作所さんに電話確認(渡邉)

本日17:00に受け取りに伺う。

 

 

・仮組み(本間)

1.注文した部材が全て揃っているかの確認

2.リブの板厚調整の方法を検討…なるべく簡単で効率的な方法を探る

3.フィンガー同士の接着(ネイルor釘)検討

4.

 

 

プロジェクション

分業して作業。

 

140626_七夕祭MTG

 2014 Spring, 05.Log, Study  140626_七夕祭MTG はコメントを受け付けていません。
6月 262014
 

—-主なトピック——–

・データ確認(追加軸組、屋根、治具、垂木、プロジェクタ機構)

・切り出したパーツの噛み合い

・今後の予定について

——————————

 

 

【実務班】

データ確認

1.追加軸組

ネスト漏れしていたパーツ4つを発見。

 

検証方法

ネスト前のデータに、切り出しで提出したデータを照らしあわせて、手動で確認。

 

ネスト漏れの理由

ネストの設定で、回転させないと収まらないものがネストで弾かれた。

 

今後はネストを使わないことになるかもしれない。

使ったとしても検証が必須。

 

追加で切らなければいけない軸組データは9枚

2.5mm厚の屋根データは17枚

板のサイズは1750*850で統一

 

 

2.屋根

屋根班

*昨日の夜からの変更点
・垂木がジョイントとリブにぶつかっていた問題を解決
→直し、割り付けまで行った

*チェックの過程
・3Dのデータを加藤が作り、
・入矢さんがチェックし、直す
・藤平さんにチェックをしてもらう
・その直したデータを入矢さん、高木さん、加藤がチェック
・入矢さんが割り付けた
・割り付けたデータを加藤がチェック

 

*バッファ

・入矢さんがデータを制作

・高木さん藤平さんがモデル上でチェックを行う

・加藤が割り付けた

・割り付けデータを山嵜さん、梅澤さんにチェックをしてもらった

 

屋根の垂木のピッチは縦に揃っている。

ぶつかっている箇所を発見。

→全てその場でチェック。A9付近の垂木のみぶつかっている。

→今後、割付しなおし次第、松川先生にお見せする。

 

3.治具

・作成手順
1.Intersectとブーリアンで相貫線を作成
2.内側の相貫線だけを抽出
3.垂直に降ろしてくる動作を考慮

・チェック
高木、渡邉、本間

・方法
1.モデルの目視
2.Intersectによる接線の抽出(=線分で○、閉じたポリラインで✕)

 

 

浮いているかどうかのチェックができていない。

rightのパーツを調整しながら、もう一度検証。

アイガキの部分はチェック。

治具は三六判4枚におさまった。

 

 

4.垂木

根太とプロジェクタ機構で使う垂木の長さを測っている。

各部位の長さを割り出し次第切り出しを行なう。(梅澤・佐々木)

 

ネダは直方体だが、プロジェクト機構は直方体でないものもある。

本日は4辺全て計測した。

屋根材の変更にしたがって寸法が変わる。

もう一度計算しなおして、このあとダブルチェック。

 

5.プロジェクタ機構

板材と45mm角材の寸法を山嵜(再)・渡辺・藤平・梅澤・加藤でチェック

→140625パーツまとめ https://docs.google.com/spreadsheets/d/1av0_5N2ISFpsUS_ZPrwDChdhCwCOfIqtSvCdH-B086Y/edit#gid=1214964727

 

昨日と変更点はないので、寸法は変わらず。

本日、屋根のバッファの変更があるので、今後変更があるかも。

 

プロジェクト機構はそのまま取り出せるようにしておきたい。

→現場調整の自由度が上がる。

 

箱とネダの接着については要検討。

ロッドは30mm入る。

ロッドは下のプロジェクタ部分だけ購入。

上にぶつからないよう、ロッドの長さは考慮。

 

 

 

 

 

————————

切り出したパーツの噛み合い

・I字の結合

少し緩めで上手くいく

・リブ

うまくハマるものとハマらないもののバラつきがある。(材にばらつきがあるため)

・フィンガー

調度良いハマり具合。

・クリップ

まだ試していない。

 

 

いくつか試していて、現場調整。

今後、板厚のバラつきを考慮してオフセット緩めで作成。

 

 

————————

今後の予定

1.光製作所さんへのデータ送付(渡邉)

今日中にデータ送付。

金曜か土曜から切り出し予定。

 

データはすべてまとめて送付。

最短で土曜の夜までに切れる(光製作所さんから口頭)

9mm厚が10枚。

 

 

 

2.45mm角材の切り出しスタディ

土曜日一斉に切り出し実験。3Dカットの実験など。

土曜日なるべく集まるように。

 

3.セル内の配置

コードの留め方のスタディ

 

 

金曜日オフ

土曜日みんなでやる

日曜日オフ

月曜日本格始動

 

仮組みは土曜日にみんなでやる。

頑張りましょう。

140625_七夕祭MTGレジュメ

 2014 Spring, 05.Log, Study  140625_七夕祭MTGレジュメ はコメントを受け付けていません。
6月 252014
 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トピック

1.見積りについて(光製作所さんの電話内容、インナーフレーム込みの試算)

2.追加の発注データ確認(屋根、治具、プロジェクタ設置機構)

3.木材の発注と在庫

4.脚立について

5.タスク/担当者/スケジュールの確認(tasklist/工程表)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1.見積りについて(光製作所さんの電話内容、インナーフレーム込みの試算)

【光製作所さんの電話内容】(渡邉)

・現在の見積もりは、最新のデータの場合の見積もり。
・6/25(水)15:00の時点で、22/27枚カット完了。本日中に軸組部材は全てカット完了する見込み。
・1枚あたり約15分かかる。(見積もり通り)
・6/26(木)のお昼頃にパーツの受け取り、2.5mmラワン17枚搬入。
・文字の印字は2分もかからない。
・全て切り終わってから値段交渉
計算方法
480(yen/min)*15(min)*26=187,200(yen)
27枚目はほんのすこしの部材なので、だいたい26枚分という計算。

 

【インナーフレーム込みの試算】(梅澤、本間)

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1s7jdkWinD1YDvSAi63tvBIAZlxG-uXfz_svzTVGBklQ/edit?usp=sharing

 

梅澤さんと本間さんの計算結果が合わない。

→いくつかのパスがネストで漏れてしまった。→漏れた分だけ手動で割付け→まだ漏れている部分が…..?

 

試算方法

梅澤:全体の総延長距離から算出(4面パスからインフレーム追加分のエッジ番号テキスト分を引いたもの)

本間:切り出したものと追加するかもしれないインフレームを足したものから算出

 

今後確実に正確でないといけないもの

1.アウトフレーム+下面のインフレームcutpath(もうカット済なので何もできない。)

789541.774 ミリメートル (7228個の曲線)

2.ネストして色が変わったもの(ネストが1.から漏れていると教えてくれたもの)

148083.025 ミリメートル (931個の曲線)

 

 

 

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2.追加の発注データ確認(屋根、治具、プロジェクタ設置機構)

【治具(高木さん、中村、本間)】 9mmラワン5枚分

本日、中村、本間の作業を高木さんが引き継いだ。

検証モデル140623_tanabata_support05.3dm

作業が遅れている。

 

理由1) アウトフレーム内側のフィンガーの復活が考慮されていなかった

中村さん検証済み。想定内。

 

理由2) リブの干渉可能性が考慮されていなかった

理由4につながる
理由3) 屋根面のモデリングにミスがあった

二重に屋根がかかっている部分がある。

2通りの検証パターンの屋根が2つとも残ったまま割付したものを、本日直した。

 

理由4) 梁、バッファーの入れ方に間違いがあった

梁材がリブに当たっている箇所がある。

 

 

【屋根(加藤)】 2.5mmラワン17枚分

加藤が作成したデータを入矢が訂正・チェックを行った。
その後、高木さん、加藤がチェック。
チェック方法は入矢・高木さんともに接している辺をintersectして閉じたポリラインが
でないかどうか確かめる。

 

ミスパターン

1.屋根と屋根がぶつかっている

接してる屋根と屋根をintersectして検証。

加藤、高木さんも検証確認済。

2.斜めの取り合いになっていた

extrudeして直した。(1箇所のみ)

 

ネダの位置が考えられていないデータかもしれない….

屋根の枚数確定は明日の朝まで。

9mmのバッファも変わることに注意。

 

【垂木(加藤、山嵜)】 45mm米ツガ角材

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1jioeMFvQfUhqIj105yFAftJzdOhxrdNWQ_SNxQ9mrLw/htmlview?usp=drive_web

ものづくり工房にあるもの(61本)で足りるので発注する必要なし。

部材の長さ、拾い漏れがないかのチェックを自分以外のひとによるダブルチェック。

→今回はもう一度自分たちでチェック。

被っている箇所は共有してチェック済み。

 

 

 

【プロジェクタ機構(山嵜)】 45mm米ツガ角材、9mmラワン1枚分

45mm角材は垂木の方に含まれる。

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3.木材の発注と在庫

【2.5mmラワン(山嵜)】

元々の見積もり:一枚1150円×17枚=19550円

現在の見積もり:一枚486円×17枚=8262円

元々の見積もりより11288円ダウン

→このラワン合板は1等2類

 

屋根材は1等2類でも良いことにした。

 

【45mmツガ角材(入矢、本間)】

ものづくり工房に在庫あり

・・・在庫:45*45*2000mm 61本

・・・必要(屋根・プロジェクタ設置機構まとめ):

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1jioeMFvQfUhqIj105yFAftJzdOhxrdNWQ_SNxQ9mrLw/htmlview?usp=drive_web

部材長さ 本数
157 2
164 2
167 1
175 1
196 2
301 1
500 2
700 1
750 1
804.9 2
850 2
900 1
1000 1
1050 2
1100 2
1300 1
1600 1
1683 1
1700 1
1710 2
total number 29

全て2000mm以下なので足りる。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

4.脚立について

【管財から借用(相原)】

脚立2mを1台申請

貸出期間:7/2(水)10:00〜7/7(月)9:30

 

 

【ものづくり工房確認(本間)】高さ2100mmの脚立あり(森アトリエのもの)

 

【2100mm(7尺)の脚立を使った場合の検証(山嵜)】

7尺脚立の寸法:底758×1262

天板160×320

高さ2100

脚立の頂点から下プロジェクタまでの距離:184mm

脚立の頂点から上プロジェクタまでの距離:1378mm

 

施工はぎりぎりいけるのでは。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

5.タスク/担当者/スケジュールの確認

【実務】

※()内は作業確定人物

軸組み班(本間):到着し次第徐々に組み立て始める

スクリーン班():アイロンがけ、組み立てまでに布の切り出し

プロジェクタ班と屋根班(横尾、加藤、山嵜、本間):45mm角材切り出し実験、切り出し実施、組み立て(機構作成)

 

ネストされなかったものを含めたデータを揃えることが最優先。

木曜の朝にはデータ完成。木曜中にはデータ送付。

明日はパーツが届き次第、フィンガーがはまるかなど基本的なチェック。

 

角材切り出しは月曜か火曜までに完了したい。

松川研と池田研でMTG場所争奪戦になるかも。すり合わせの必要あり。

 

 

【プロジェクション】

 

 

【 明日の木材搬入作業】

10:00-松川先生、佐々木

 

 

 

140623_七夕祭報告

 #06. 2014/05/19(Mon), 05.Log, Study  140623_七夕祭報告 はコメントを受け付けていません。
6月 232014
 

 

 

トピック:

軸組みについて

切り出しの見積もり

プロジェクター・屋根・ジグについて

スクリーンについて

懸念事項

 

 

■軸組みについて

軸組みの変更点→あとからインフレームをつけられるようにアウトフレームに爪をつけられる形に変更

そうすることによってORFのときにインフレームを後付けできる(ORFではB会場で七夕祭の門をつくるというワークショップ(案))

ナンバリングの変更点→モデリング状での赤字が外側、緑字が内側 組み立て時、同じ番号をあわせるようにする

 

 

■切り出しの見積もり

24万3千円

 

 

■プロジェクター・屋根・ジグについて

□プロジェクター班

ロッドの長さ→板材から出る部分は各プロジェクター30mmとする

上プロジェクター設置に必要なロッドの長さは191mm、下プロジェクターは80mm

切断方法→線を描いてから切る(要検討)

組み立て方→セットで作っておいてしまうと現場あわせが不可能では

箱をつける→ケタを通す→プロジェクターを設置 に変更

布、屋根を貼る前にプロジェクターを設置する

これから必要なこと→パソコン、コードのおさまりの検討

 

□屋根班

ひさしについて:

ライノで時間帯における日差しの当たり方を確認→16時以降は影になる、ひさしがあれば13時くらいから影がおきる

かっこよさで多数決→ひさしはあってもいい

ふちにテープをつける(金物は必要でない)

屋根の分割について:

材はラワンベニヤ合板(2.5mm)を使用

45mmの垂木をフレームの間からつけると間ができるので9mmのバッファーをつける

総重量が変更→150.42kgに

割付→2.5mmのラワンが18枚、新たにバッファーの分が1枚

これから必要なこと→ひさしの部分の修正、屋根材のナンバリング、プロジェクター班とジグ班と板についての共有

 

□ジグ班

フレームに沿って切っているのでかぱっとはまるようになっている

小さいものがS1からS5、大きいものがL1からL4が存在する

反時計回りにナンバリング

割付→サブロク板23枚 予算的に難しい

 

※森アトの裏にある木材→45mmの3660が7本(全長25620)(しかし歪んでいる)

 

 

■スクリーンについて

張り方→対角線張り(一箇所をタッカーで打ったら反対側を打ち込む)を12時半、15時での実験では、外側からの映像の確認は不可能 内側は確認できた

シミができてしまうので防水スプレーではなく撥水スプレーを使用

組み立て方→アイロンかける

布を置き鉛筆で印をつける

布を裁断

セルが組み立て終わったらスクリーンを張る

撥水スプレーをかける

微調整が必要ならばここでする

 

■懸念事項

脚立(2.5m/9尺)

机のサイズ

 

 

140622_mtg

 #10. 2014/06/16(Mon), 05.Log, Study  140622_mtg はコメントを受け付けていません。
6月 222014
 

進捗報告

参加者:松川先生、本間、入矢、亀岡、加藤

 

■木材搬出方法について(担当:亀岡)

・配送業者の見積もりが15000円+高速代と高かかったため

レンタカーないしは、松川先生の車で搬出する。

・当日の流れの確認

【担当:松川先生、高木さん、入矢さん、津久井さん、山嵜さん、(石森さん=要確認)】

10:30-16:30 取りに行く前に山六さん及び光製作所さんへ一報を入れる。

11:00 集合

 

■プロジェクター設置(担当:本間、入矢、山嵜)

・必要部材の算出

上下それぞれのプロジェクターの必要長さ及び面積から総重量を算出

→14kgの加算重量となる。

45mm角材、9mm板材に加えて、ロッド・ナット・ワッシャーの購入も検討

上の軒の材は、屋根班が三六判に割付済み

(松川先生)

45mm角材は森アトに3m材が6本あるからそれを使用したら良いのでは。

・ロッドの長さ調節方法

上のプロジェクター

(松川先生)

現場合わせとは言え、だいたいの長さは出しておくべき。

特に下は。

→長さは算出済みなので、明日の報告までにまとめておく。

・切断方法

丸のこを使用。微調整は鑢を検討。

(松川先生)

フレームと台の位置が合ってるのをどう確認するのか。

どこかのリブとリブ穴の位置から図るのが妥当

→距離を算出しておく。

・組み方

フレーム組み立て–台の設置-天井・スクリーン張り

起こした後にプロジェクターを投入。

9尺の脚立を使用すると上手くいくのでは。

(松川先生)

立てた後に微調整は必ず必要にはなるが、

梯子の借りれる先をきちんと調べておく。

ない場合は、借りればよい。その時は、A字型のものを使用すること。

 

■門の保存方法について(松川先生より)

ORFのために部材を全て残し、インナーフレームをつけられる状態にしておくと楽になるのでは。

ボンドだけでなく、フィンガーの部分に細い釘をいくつか打っておく。

→リブとフィンガーを前の機構に戻す。

月曜日の木材搬入までに手順が分かっている本間、津久井で出来るか。(津久井さんに確認中)

 

■屋根の割付(担当:加藤)

・重量の変更について

若干(2kg)軽くなる。

・枚数の変更について

2.5mm厚が18枚

9mm厚が1枚(バッファー用)

(松川先生)

2.5mm厚材があることを光製作所さんに伝えておくよう渡邉経由で伝えておく。

根太と天板はねじ止め

プロジェクターの直茶日光による見えづらさ

→庇の検討も行うべきか。

南中高度を調べて、スクリーン全体に影がかかっている庇を作図

下からなめらかに延ばす。

→入矢、亀岡担当

140621_mtg【プロジェクタ設置班】

 #10. 2014/06/16(Mon), 05.Log, Study  140621_mtg【プロジェクタ設置班】 はコメントを受け付けていません。
6月 212014
 

 

140621

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

参加者:山嵜、入矢、本間

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

トピック

1:必要な部材の算出

2:ロッドの長さの調節方法

3:切断方法の検討

4:組み方の検討

5:工程の検討

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1:必要な部材の算出

参照ファイル:Drive>実務>「プロジェクタ設置に必要な木材について」

以下の内容について算出、まとめ。(山嵜)

・具体的な部材数

・部材重量

・費用

 

2:ロッドの長さの調節方法

〔吊り下げる方のプロジェクタ〕

6角ナット Φ3mm ×3個 必要

〔下に置く方のプロジェクタ〕

6角ナット Φ3mm ×6個 必要

ワッシャー Φ3mm ×6個 必要

 

3:切断方法の検討

当て木を使って丸のこで切断。

現場合わせが必要になったら、やすりで削る or 厚みが足りなければ2.5mm厚のラワンベニヤをはさんで調整する。

(2.5mm厚のラワンベニヤを90mm角に切ったものを10個ほど用意しておく。)

 

4:組み方の検討

 

5:工程の検討

実際の組み立ての工程を検討。

 

140621_00_1

1.セルの組み立てが始まる前に桁材を切り出し、組み立てておく。

 

 

140621_00_2

 

2.同じく、セルの組み立てが始まる前にプロジェクタとロッド、ロッドが接続する9mm板材をつなげておく。

 

 

140621_01

3.上のセルが組み立つ。まだ3つのセル同士はつながっていない。

 

 

140621_02

4.屋根と布を取り付ける前に、あらかじめ組んでおいた桁材を入れ、セルとつなげる。インパクトでネイルを打つ。

このあと屋根と布を取り付ける。

 

 

140621_03

 

5.9尺(=2.59m)脚立を使用し3つのセルがつながった状態で、プロジェクタの機構を入れ、9mm板材と45mm角材をネイルでつなげる。

脚立はhttp://www.darling.co.jp/item/1580#03のものを検討中(二泊三日で 2400円、送料往復2000円)

 

140620_七夕祭ログ 【速報:プロジェクタ設置チーム発足】

 #10. 2014/06/16(Mon), Study  140620_七夕祭ログ 【速報:プロジェクタ設置チーム発足】 はコメントを受け付けていません。
6月 202014
 

チームの呼び方の統一。

この数日間、分業によるプロジェクトの進行が目立ってきました。

その結果、チーム割が不明瞭になってきているので、統一します。

大別して今まで通り【プロジェクションチーム】と【実務チーム】があり、【実務チーム】の下に各班を設置します。(例:【実務チーム/スクリーン班】)

ログもその階層にしたがって取ってください。

各人、自分の担当の仕事を責任もって全うしましょう。ログを使っての共有はわすれずに!

 

 

【プロジェクションチーム】

■本日は、昨日のMTGを共有した。明日までに、個人のスタディーの結果がわかるpic、movieを用意することになった。

 

 

【実務チーム】

■【プロジェクタ設置班】
リーダー:山嵜
補助:本間

□必要な部材の算出 (21日までに算出し、23日(月)に報告)
具体的な部材数(実際に使う形状・用意する単位)
部材重量
費用(単位ごとの値段はggr)

□ロッドの長さの調節方法

いかに現場合わせするか

□切断方法の検討

斜め切断の方法(以下に現場合わせするか)

□組み方の検討

□工程の検討

実際の組み立ての工程

セルの組み立てが始まる前には、機構機構をつくっておく。

三次元的な切断など、方法を突き詰めても現場で必ずずれが生じることが容易に想像できるので、

現場合わせの方法を重点的にスタディ。早めにモックアップを作って検討。

 

■【スクリーン班】(風祭・相原)

□布の張り方テスト

対角線張り 一カ所をタッカーで打ったら、反対側を打つ(一番張り易く、微調整も効く)

nunohari

□屋根付き投影テスト

晴天/曇り  (12:30) 内側から映像は見えた、外側からはうっすら見える程度。

晴天     (15:00) 内側からうっすら見える程度、外側からは全く見えなかった。

太陽の位置も関係しており、時間によってメディア側とカスケード側とで見える面と見えない面がある。

七夕祭開催時間(11:00〜20:00)の日中は内側からのみ映像を確認することになるのでは。

1230uchi

12:30 内側(背景:白 文字:黒)

 

1230soto

12:30 外側(背景:黒 文字:白)

 

1500uchi

15:00 内側(背景:黒 文字:白)

 

1500soto

15:00 外側(背景:黒 文字:白)

 

□防水テスト

防水スプレー 布に2度かけて500mlのペットボトルで水をかけた。水ははじいたが時間が経つとシミがでる。

撥水スプレー 布に1度かけて500mlのペットボトルで水をかけた。水をはじきシミはでない。

□布
90インチオックスフォード 白 綿
メーター 1800円
5500mm買うので、9900+税で10692円

http://www.ed-couture.com/item/899.html

□組み立て方

あらかじめ布をアイロン掛けしておく。

〈セル組み立て当日〉

スクリーンを張る面を作成

布の上にその面置き、鉛筆で象る。リブ穴も象り印をつける。

セル組み立てと同時平行で、鉛筆で象った線に沿って布を裁断。リブ穴の部分に切れ込みを入れる。もし必要ならアイロンかけ直し。

セル組み立て完了。

スクリーン張り(5人で行えばスムーズに行くと考えられる)

スクリーンを面に押さえながら、布の面を対角線張りでタッカーで張る(角→長いのから順に辺の中心→リブの両脇)

撥水スプレーをかける

微調整

□組み立て場所

ドアを外せば、スクリーンのセルは通るので森アトリエでも可能。

 

■【屋根班】(加藤)

□モデル上での再検討

22日or23日に報告

 

■【治具班】(中村)

■【木材の搬入班】(亀岡)

□搬送業者の赤帽に問い合わせフォーム送信済み

見積もりの返答が来次第、レンタルとの比較に入ります。

■【割付データ班】(本間・津久井・梅澤)

「割付データ」(Drive>実務>140619-20_軸組み本番用割付>140619_ver.3_cutdata.dxf)

=軸組のみのデータであり、光製作所さんに改めて見積もりをしてもらうためのもの

昨晩のmtgを反映し、辺のナンバリングが復活

光製作所さんへのデータ送付完了(渡邉)。

6/21(土)に電話し改めて確認をとる(渡邉)。

 

140619七夕祭正門報告MTG

 2014 Spring, 05.Log, Study  140619七夕祭正門報告MTG はコメントを受け付けていません。
6月 202014
 

実務班

 

 

屋根(加藤)

・セルの名称設定

・中点近くで切断線が引けるよう垂木を置く。

⇒垂木は直角ではなく、極力同一方向に設定する。

・屋根の厚みは屋根のフレームから9mm分offsetしたものをextrudeしただけなので、片面しか重ならないはずだが、両面重なっている問題。

⇒もう一度、brepからextrudeして屋根だけ作り直し。

・三六板で40mmのクリップ分マージンを考慮して割付。(クリップは必ずしも使用しなければならないものではない)部材同士で10mmのマージンが必要。

⇒850*1750で割付。(900*1800では17枚。入矢さんの計算時より2枚節約)

・2.5mmベニヤは三六板1枚で収まる。

・重量

垂木は杉を使用。0.38g/cm3。

left→56.9kg、center→57.0kg、right→41.4kg

セルの段階で屋根をつける。

 

 

 

治具(中村)

・幅

リブは50で統一。smallは200。largeは600。

・干渉しあっているものに対してはカットして形を形成している。

・データはオフセットせずにレーザーカットして良いのでは。

・全ての治具は1ヶ所で定まるようになっている。

・一部作用するか怪しい治具が。⇒右足奥だけ治具の高さを上げる

・データは今日中に仕上げる。

 

 

軸組のデータ割付(本間、梅澤、津久井)

・インナーフレームがアウトフレームに干渉する事案が発生。(CAADRIA時と同じ)

全部で5ヶ所、部分だけけがくようにプログラムを手動で書き直した。

・最終データができ次第、松川先生、高木さん、3人とでもう一度見直し。

 

板材発注(本間、亀岡)

・木材を山六さんから光製作所に運搬する

月曜日に木材を搬入する。総量524kg。

・搬入方法

1.レンタカー

バンだと入る。ただし重量が心配。6h5000円。12h6000円。

2.配送サービス

最低価格4150円-。スタッフ1人付き。足りない場合、有料でスタッフ増員可能。

3.松川先生の車

車の寸法を測って三六判が何枚乗るか計算。

多少ピストンしてもかまわない。

午前中が望ましい。

・搬入時間

23日の午前中に、松川先生、津久井、山嵜、(入矢)で光製作所さんまで運搬。

山六さんは月曜11:00-1200、13:00-17:00のどちらか。

 

データの引き渡し(本間)

・スケジュール

軸組(プロジェクターの9mm部材)は月曜に最終チェック。

屋根材、治具は25日水曜日にまとめて提出。(垂木は松川研でカット。)

 

 

 

 

 

プロジェクション班

 

 

プロジェクター(津久井)

・下のプロジェクター位置

梁を使った架構でギリギリのラインに取り付ける(微調整が必要)

⇒内側の梁を縦方向に1本足して強度を上げる。

・プロジェクターの角度の調整

現段階ではロットの調節のみ。⇒木材のボルト位置なども考慮して再度検討。

左右の調整ができない。

・今後

プロジェクターの位置決定が終われば実務班に引き渡し。

 

 

スクリーン布の貼り方(風祭、相原)

・黒字に白、白地に黒 が見えやすい。

・今後、天候、向きを考慮して検討。(どれくらい見えないかだけ)

・いつスクリーンを貼るか?

⇒スクリーンを貼る面を作成後→裁断してからアイロンかけ→スクリーン貼り→セル組み立て→3セル統合

下に敷くブルーシートは七夕祭委員会に申請。(受け渡しは直前)3000*3000

・スクリーンは6人ほどで引っ張りながら留めていく。ある程度タッカーで留めてから、脚立で微調整。

 

以上。

もう少しです。頑張りましょう。

 

 

 

140618_七夕祭報告

 #10. 2014/06/16(Mon), Study  140618_七夕祭報告 はコメントを受け付けていません。
6月 192014
 

【プロジェクションチーム】

■コンテンツ(渡邊・津久井・藤平)

検討の結果1案まとまった。

140618_Projection_MTG_01 140618_Projection_MTG_02

19日に動画作成のテクニカルな面も含めて松川先生にご相談。

 

■下のプロジェクタの設置機構(藤平・津久井)

1案完成した。こちらも19日に松川先生に相談。

 

■プロジェクターレンタル(津久井)

申し込みの第一段階は終了。

証明書の送付と、向こうからの確認の連絡、振込みを経て契約終了。

 

 

【実務チーム】

■木材(本間・塩澤)

ラワン合板

・品名:普通合板

・寸法:9.0*910*1820mm(三六判)

・接着性能:1類

・板面の品質:1等

・ホルムアルデヒド放散量:F☆☆☆☆

DSC_0420

 

発注枚数:60枚

発注先:山六木材

1枚あたり1600円

 

6/19(木)に発注。まずは取り置きをお願いする。

慶応からの振込の形で手続きを行う。詳しくは高木さんに聞く。

 

 

■割付(本間・津久井)

本番の軸組みの割付データは8割方完成(屋根、治具をのぞく)

19日に松川先生に確認していただくために、学生でダブル・トリプルチェックを実施する。

クリアし次第、光製作所に送り、見積もりを出していただく。

 

■屋根(加藤)

*セルの名称設定

キャプチャ2

 

カスケード側から見て左から

cell_left: roof 1,2,3

cell_centre: roof 4,5,6,7,8,9

cell_right: roof 10,11

 

*分割方法

キャプチャ4 キャプチャ5

・各面につき1辺選び、選択した辺に垂直になる様に垂木をかける。

・当て木、リブ穴を避けて、なるべく辺の中点近くに垂木をかける。

・2つ以上に分割する場合、最初にかけた垂木に垂直になるように伸ばす。

・垂木の中点で切断線を引いて、仕上げ材を分割する

 

 キャプチャ6

 

・仕上げ材が重なっている部分は、下部にある仕上げ材を板の面に対して垂直にトリムする。

・現在垂木はランダムな長さで、フィンガーに届かない長さ。

 

*割り付け

 

キャプチャ3

左からcell_left, cell_centre, cell_right

キャプチャ7

・2.5mmラワンベニヤ サブロク板:17枚*630円=10710円

・垂木: 11.2m必要

・バッファ: 全てサブロク板1枚に割り付けられる→1600円

 

*重量

・セル本体重量は13日に算出したものを使用しています。

・垂木は比重0.45g/mm3で仮定しています。

・垂木、バッファ、仕上げ剤を含めた重量

cell_left: 43.4kg→58.1 kg

cell_centre: 36.8kg→58.2kg

cell_right: 35.4kg→41.7kg

total weight: 115.6kg→158kg

 

*作業手順

・仕上げ材がつくことで、cell_centreが大幅に重くなるので、取り付け作業はスクリーン貼り付け後、セル合体前に全てやるのが望ましいと思います。

→スクリーン取り付け後になりました

 

 

■スクリーン(風祭・相原)

・屋外でのプロジェクションテスト

16:15~16:45 曇り

プロジェクションの内容は見える。白地に黒、黒字に白などの映像が見えやすい。

屋根がかかればもう少しみえやすいのでは?写りが少し変わる(良くなる)可能性。

1/3.6モデルに合わせてプロジェクタを置いて実験→1/1モデルでのスクリーンとプロジェクターの実際の距離で再試行する必要あり。

・防水スプレーテスト

結果は思わしくなかった(反転に水のシミが出来る)→「長撥水スプレー」等のキーワードで商品検討、試す必要あり。

・森アトリエドア寸法

W:2120 mm H:2070 mm

・ドア取り外し確認

可能→外すのに最低3人、はめるのに最低4人必要(男性にお願いする)

・起用する布でのスクリーン張り

却下した方の布よりも若干柔らかい。しかし、今の張り方で問題なし。

・実際の組み立ての流れを考えたスクリーン張りの手順検討

スクリーンを張る面作成→布象り、裁断→セル組み立てと同時並行でスクリーンアイロン掛け(2人で20分程)→セル組み立て終了、スクリーン張り作業→3セル完成後セル結合

この順だと、布をアイロン掛けしたのち筒に巻いて保存する段階を飛ばすことができる。

 

 

■ジグ(中村)

 

 

140617_七夕祭報告

 2014 Spring, Study  140617_七夕祭報告 はコメントを受け付けていません。
6月 172014
 

 

■プロジェクション

・布の加工をどうするか

アイロンがけで行なう。

他の方法は上手く行かなかった。

アイロンをかけた後、保存は折り畳むのではなく、筒状に丸めて保存する

 

・作図の方法

当日面を先に作り、面の下に布をひいて鉛筆でなぞる方法で行なう。

 

・面の貼り方

リブ穴を避けるように切れ込みを入れて行なう。

面が歪んでしまったり汚れてしまうのでセルを作ってから布をはる。

布をはってからセルを繋げる。

 

・タッカーをうつ順番

常に反対側の角にタッカーを打つように固定する。

その後反対側の辺の中点を打ち、最後にリブの間に打っていく。

 

・タッカーを打つ場所

仮止めとして外側にとめる。

仕上げとして前から見えないギリギリのところに打つ。

 

・雨が降ったときどこで作るか

森アト→ドアが取り外せるかの確認を行なっておくこと。

 

・防水について

防水スプレーをふく。色の変化やどれだけ防水性があるのかはこれから実験する。

→中にpcプロジェクターがくるので、布を通り越してどれだけ雨が入ってくるのかの確認はしてほしい

 

■プロジェクション内容

コンテンツを明日から考え始める

CAADRIAでつくったような三つの四角いボリュームが変形していき門の形になるまでの過程を映像にするつもりでいる。

 

■屋根スタディ

今回はインナーフレームがないので根太を入れることが出来るが、

最終的に使える案ではないので外側に仕上げ材をつける方法で考えていた。

全部の面をオフセットしたときに面が一点で交わらないという問題が発覚した。

時間との兼ね合いで今回はこの方法を見送る。

屋根の仕上げ材は2.5mm厚のラワン合板の予定

 

■木材について

木材の在庫、値段等を確認した。

これから話し合いどの材を使うのか決定する。

 

■プログラム(高木さん)

光製作所からもらったフォントに変更している。

接地部分につくインナーフレームを加えるように変更中。

140616_七夕祭_スクリーンスタディー

 Study  140616_七夕祭_スクリーンスタディー はコメントを受け付けていません。
6月 172014
 

スクリーンスタディー

▶︎正門の上部セル、プロジェクションを行うカスケード側の面とメディア側の面に張るスクリーンのスタディー。

セルの内側から布を張る。

この時考えるべき点:布のシワ問題と布の張り方。

 

→布のシワ問題:

綿はシワになりやすい。

対策方法:

・水:余計にシワ増えた

・アイロンがけ:シワは消え、さらに形状復帰っぽくなった(一回アイロン掛けしたあとは、少しの刺激ならシワが着かない)。

 

→布の張りかあ問題

布を直接、リブの所は折り畳みながら張ろうとすると、リブの鵜分でシワできてしまった。

リブに沿って垂直に切り込みを入れることで、シェアを作らずいスクリーンをはることができる。

 

明日、タッカーを利用して実際にはりつける。布の張りつけのスタディー(手順など)。

1406016_ログ

 2014 Spring, #10. 2014/06/16(Mon), 06.Meeting, Study  1406016_ログ はコメントを受け付けていません。
6月 162014
 

140616_01 140616_02 140616_03

光製作所プレカット班報告

140616_七夕祭_光製作所さんプレカット http://000lab.com/?p=2511 参照

 

ここで決定?

水曜日にカット

他にはお断りのメールを

 

クリップ:引き抜くには力が必要だが、はめるにはそれほど力もいらない。当て木も板材が厚み9mmなこともあって必要無さそう。

 

リブ試し組み立て

▶︎フィンガー

緩い疑惑? =>フィンガー0.3mmで決定

 

▶︎クリップ穴

→0.3mm

 

▶︎短手ジョイント

→0.3mm

 

今回の値段の見積もり

1分間に700円 時間が単位

社長さんの話だと、今回は1分間500円で(うららさん)しかし今日行ったところ、現場にはその話は伝わってなかった。

0.21875円/mm

ヘッドが動く=タイムロス、線がつながってるかどうか。

 

カット中のビデオ上映

 

 

プロジェクション班 報告

2台のプロジェクターを入れるため入谷案を変更・モデリング操作

上部のセルを手前奥に引き延ばし・左右に引き延ばし

プロジェクター:一台は持ち前の、もう一台は外部からの貸出(あたりあり。明日以降予約含め早めに連絡するひつようあり。貸出は4日を目安に。)

投影する布検討(未だアイロンかける必要あり)

→どう布を張る

→2台のうちの下のプロジェクターの機構

プロジェクションの内容

 

 

実務班 報告

1/3.6モデル

クリップ→ネイルで止める(ボンドで。本番も)

フィンガーきつめ、他緩く→くみたて辛い

フィンガーゆるめ、他をきつくで

 

施工の手順

面と面を組み合わせてリブを挟む。→これはモデルを回転しながら

研究室全員出動で半日で1/1モデルを作成出来る計算。

 

仮設置は、仮設置後解体しなければならない…それは無理。

(普段は仮設置無しで一発勝負だった)

学事に申請すれば仮設置日から当日まで置いておくことが可能か。→申請手続きに。

雨の場合…雨を見越して半日で作成。雨対策(屋根を張る)もこの時に。プロジェクターをどうするか。

 

設置の時中のリブが尖っていて危険では?(高木さん)

→4角形のリブを5角形に変更。プログラムも変更完了。

 

屋根の厚み決定いつ?

垂木の検討中。これと合わせて。

ブチルテープか布テープか。

 

治具のスタディー (中村さん)

モデル倒して頂点に

せいの字 高さ1500mm 幅200mm

細くて倒れそう?

頂点→セル2つが乗るように。

部材数多くても、幅を出して安定させたほうが

幅200grid→450~500grid?

裾(底面直径3倍)600mm、上はそのまま?

上そのまま、底面250mm+200mm+250mm=700mm「コーン型」

安全重視で、再検討

底面1:高さ2 で。max 750mm。

 

今後の作業リスト

▶︎本番のデータの作成

光製作所に送付・見積もり

→軸組のみ(あとで屋根+治具のデータ)

▶︎屋根ディテールの決定+プロジェクターの設置

▶︎プロジェクションコンテンツ

▶︎スクリーン「張り」のスタディー

▶︎治具のスタディー

 

板財(三六板):

→軸組30枚

→屋根20枚

→治具10枚

=60枚

板材12万+加工費15万=27万

 

材料一番安いの検討

ハンディ+山六に問い合わせ

3×6板で最も安いもの検討

ラワン合板9mm値段比較で。

 

スケジュール・仕事割り振り

▶︎ハンディー問い合わせ塩沢さん+その他比較続行、山六さん問い合わせ高木さん→明日まで

▶︎屋根スタディー 日曜日まで

リーダー加藤さん、亀岡さん、入矢さん

梅澤さんは本間さんと津久井さん世代

▶︎プロジェクションコンテンツ

リーダー津久井さん、渡辺さん、藤平さん

▶︎スクリーンスタディ

リーダー風祭、相原さん

▶︎治具スタディー

リーダー中村さん

140616_七夕祭_光製作所さんプレカットまとめ

 #10. 2014/06/16(Mon), Study  140616_七夕祭_光製作所さんプレカットまとめ はコメントを受け付けていません。
6月 162014
 

今日の報告
(1)成果
(2)改善すべき点
(3)今後の展望
(4)総括

4つパラメーターを0.025刻みでスタディーした。使用した板材は3*6板を半分にしたものを4枚(2セット)
(1)成果
1.パラメーターが確定した(パスは作れなかった)
2.大体の時間がわかった。
3.大体の予算がわかった。

1.
フィンガー :0.3
リブ :0
リブ穴 :0.425
クリップ :0
クリップ穴 :0.325

ジョイント:0.3

基準は、フィンガーは緩めで、リブ・及びクリップが金槌を必要とする程度のきつさ(抜けない)
パスに関してはリブ材のオフセットの方向を間違えていたことと、部材数に余裕がなかったため、作成できなかった。リブのオフセットは検討できなかった

2.
今回は910*910(3*6板の半分)でどれも15分以下。短いものは6分ほど。
本番データに近い、23枚に割り付けたデータをお見せしたところ、多いものでも10分代、短いと半分以下の時間で切れるだろうとのこと。
今回のカットは数字のフォントが処理しにくいものだったそうで、それに時間がかかった。

3.
予算は12万円を10万円でというお話だったが、実際には15万円ほどではないかとのこと。今回のカットで総額3万円ほど。
(2)改善すべき点
1.フォントの変更
2.データの割付のマージンの検討

1.
先方から頂いたサンプルを元にコードの書き換え。セグメント記号のとび(線の切れている部分)があまり良くないとのこと。

2.
カッティングの損失距離が0.4mmあるので、部材同士、板の切れ端とのマージンを10mm欲しい(7mmがギリギリ)
また、板材の長手一辺は板材を固定するクリップがつくので、40mm四方の余裕が2箇所欲しい(場所はそれに合わせて動かせる。)
(3)今後の展望
上記改善点をクリアし、本番データを早期に作成して送付し、見積もりを出していただく。
(4)総括
かなりフットワークが軽く、柔軟に対応していただきました。
レーザー自体の性能もパワフルかつスピーディーで、こげもありませんでした。
ただ、新百合ケ丘からバス15分、徒歩15分、の立地。特に徒歩は狭く険しい場所もありました。搬入は車でするとしても、運び出しなども考える余地がありそうです。

我々の要望、質問にその場で応えてくださいました。担当の高橋様も職人気質な方で、その場でデータのチェックなどを細かくしてくださり、本番もかなり連携をとりながらやっていけると思います。

0615_MTGログ

 #09. 2014/06/09(Mon), 05.Log, Study  0615_MTGログ はコメントを受け付けていません。
6月 162014
 

■プロジェクション班

2種類の布を購入

布:幅2280mm

1800円/m 5500mm購入

8900円

 

これからの課題

・作図の方法(面のかたちにピッタリどうやって切るか)

・リブをよけながらどうやって張るかのスタディ

・よれよれ感

 

 

■実務班

1/3.6モデル作成

・L字I字の継ぎ目に当て木をいれたことで強くなった(木工ボンドで接着)

・人が乗るのは厳しそうだが崩れることはなさそう

・自立するのが問題

 

組み立てのときに気づいたこと

・フィンガージョイント(長辺)をかためにし、L字I字の継ぎ目をゆるめにした

→アウターフレーム(面)をはじめにつくることができずやりにくい

→フィンガーをゆるめ、L字I字をかためにしたほうがいい(本番のときにはやる)

・1つで50kg

 

・垂木などが付くともっと重くなるが100kgを越えても3人いれば持てる

・全体として自立することが重要

・受付には常に人がいる

 

・1枚あたり25分 4枚

・3人で組み立て2時間→2人で当て材接着(ボンド)40分

→半日で1:1モデルは組み上がるのでは

 

懸念事項

リブが尖っているので中に入る人(受付人員)に注意喚起

→受付が入らないセルに目が届くか

→そこまで気にするか

→中点をとって多角形にする【プログラム】

 

■テストカットについて

テストカットに行く人:津久井、高木、入矢(、佐々木)

 

【光製作所】

・16日持ち込んで切る約束 時間は未定

(かなり柔軟に対応してもらっている)

・16日の朝電話して時間を決める

・木材:16日購入

 

【日東ディード】

・16日に電話で打ち合わせ(プレカットする前提で)

→16日にプレカットに行かなければならなくなったら、光製作所と日東ディードで2人ずつに別れる

・光製作所を待たずに同時並行で発注

 

検証方法

・パラメータごとに異なるオフセット幅で数パターン作る

・その場で試行錯誤(微妙なオフセット幅をもっと細分化してデータの作り直しからの切り直し等)

 

 

最終データ

・重なっていないか

・はみ出ていないか を目視で確認する

 

接着

・普通の木工用ボンドでよい(耐水でなくてよい)

・ブチルテープは屋根と屋根の接合部に貼付ける(1日なのでブチルテープじゃなくてもよい、布テープでもよい)

 

16日の研究会

・時間は臨機応変に(プレカット組が帰ってきてから)

・これまでの流れの共有

・今後のスケジュール確認

 

 

 

140614_七夕祭MTGログ

 #09. 2014/06/09(Mon), Study  140614_七夕祭MTGログ はコメントを受け付けていません。
6月 152014
 

2014/06/14

プロジェクション班

 

■布

購入先はユザワヤ(蒲田店)で検討中

白布 幅2028mm

1800円(税抜き)

 

■固定方法

内側から打ちつける。

→タッカーで打つのが良いのでは。

たるみ具合は1/3.6模型でスタディする。

 

■プロジェクタ固定方法

45mm各材の垂れ木などを掛けて、プロジェクターを吊り下げる方法を検討中

実務班の天井のスタディと併せて進行させる。

 

(松川先生)

・布のたわみ

・垂れ木の接合部分

・雲台を使うと良い

 

—————————————————————————————————————————-

実務班

 

■業者の選定について

・日東ディード(メインで検討)

時間換算(加工費のみ)  ¥4,500/枚

実働10日ほど

一日2枚ずつ

短縮で9日くらいで出来るかも。

材料についても向こうでそろえていただくことも可能

試算は16日にでる。

試作については16日に担当者(門倉さん)に相談

→最短でも17日に試作

 

・光製作所

見積もりは16日にカットを試したら出る。

1mm 0.5円→10万円ほどで可能かも

オフセット方向の指定が必要(今の通りのデータで可能)

・嶺岡工機

→保留(最後の砦)

 

・三輝工業

→中止

 

・トネ

1時間7000円

2日で完了できる

20万円程

プレカット16日17日可能

→引き続き

 

・エルスエンジニアリング

→中止

 

(松川先生)

日東ディードと光製作所をメインにサブでトネ製作所に絞る。

月曜日の概算を待つ。

 

■屋根の重量スタディ

昨日算出済み(googleドライブにあがっている)

上のセルに天板1枚足す

材を9mm厚の板で行うのかを検討すべきでは

 

(松川先生)

根太をしっかりひかないと2.5mmはべらんべらん

→プロジェクションで行っている垂れ木と構造を兼ねて根太を作る

垂れ木の接合にロボットアームを使用するのは厳しいのでは

→同じ方向で接合部分に横材を入れる。リブのピッチも考えなくてはいけない。

汎用性のあるルールをもたせたい(プログラミングで書けるような)

→時間がないので次回ちゃんとやる。

枚数は多くなっても一方向の根太に沿って板も並べたい。

十字で行っても構わない

 

■軒スタディ

今回は軒の出ないパターンで大丈夫

 

(松川先生)

止水造を現実的に考えてどうするか

→防水層は作っておいたほうが良い

全面的に行うか、隙間にブチルテープ(防水テープ)を貼るかなりをすると良いのでは。

 

■ビニール材の使用に関して

熱中症の心配があるので、ビニールを使用しないで雨が降った場合は完全にコリドーへ移動はどうか(相原さん)

 

(松川先生)

移動は最終手段と考える。

ビニールあるいはすだれはどちらが良いのか

→利用する立場となって考える

 

■重しについて

砂袋を検討中

 

(松川先生)

土嚢はもれる

隠す方法のスタディをしろ。

→下だけ4面に戻すか。

2面プログラムと4面プログラムを走らせて、選択は手動で行えば

プログラムの書き換えは不必要になる。

重しはこの方向で。

 

■1/3.6模型の切り出し

文字・分割方法も実際と同じもので行う予定

模型スタディを行う(CAADRIAのときのオフセット幅を元にして)

 

■支具の進捗

中村さんが担当

進捗なし。

—————————————————————————————————————————-

 

(以上!!!)

 

140615_七夕祭報告

 Study  140615_七夕祭報告 はコメントを受け付けていません。
6月 152014
 

■プロジェクションチーム

【決定事項・本日の流れ】

1.スクリーン用布が決定

二種類の布を買ってきて実際にバックプロジェクションをし、検討した。

ユザワヤ蒲田店の2280mm幅の「910インチオックス白布」(1800円+税/1mあたり)

5500mm必要なので、9900円+税=10,692円

 

2.プロジェクターの取り付けはテストカットを優先して本日は進捗なし

 

【未定事項】

1.布にアイロンをかけ、1/3.6モデルを使ってぴちっと張るスタディ(リブをよけつつ)

2.プロジェクターの設置方法

3.コンテンツ

 

■実務チーム

1/3.6モデル作成スタディ

部材カット(担当:入矢・梅澤)

組み立て(担当:相原・梅澤・高木さん)

で模型の製作を行なった。

 

(1)作業時間

・部材切り出し

計2時間ほど

450×800のラワン板が4枚

一枚あたり20~30分程度

・製作

計2時間40分ほど

A.フレームの分類:30分

B.組み立て:1時間30分

C.ジョイントプレート(ボンド付け):40分

 

(2)作業手順

A.各フレーム毎にパーツを仕分けする

(フレーム毎のマーキングを高木さんに書いてもらえば作業時間が大幅に短縮されると思われる)

B.組み立て

1.辺(フィンガー)をとめる

2.面を1の辺を軸に起こす

3.リブをはめる

C.ジョイントプレートをボンドで接着

 

(3)考察

1.カッティングパスのオフセットについて

現状 :フィンガー = きつめ、リブ穴・ジョイント = ゆるめ

改善案:フィンガー = ゆるめ、リブ穴・ジョイント = きつめ

が良いと思われる→4に影響

 

2.組み立ての手順について

・失敗点

ジョイントのオフセットが緩かったこと、フィンガーのオフセットがきつかったこと、ジョイントプレートの固定を最後に行なったことから、面同士での接合が難しかった。

結果的に角を先につくり、角同士を繋げるように作成したがこわれやすく作業が難航した。

・改善案

A→C→Bの順に行なう。

先に面の強度を確保し、面同士を繋げる方が良いと思われる。

 

3.強度について

・フィンガー部分が弱い

→1/1モデルではボンド等の補強を行なうのが良いと思われる

・プレートを入れるとだいぶ強い

・フレーム同士の角度が鈍角になればなるほど弱い

→人がぶら下がったりしないようにサイン等が必要と思われる

 

4.1/1スケールの組み立てについて

A.各セル毎3班に別れ、パーツの仕分けを行なう

B.フレームを作り裏にジョイントプレートを固定する

C.取り付けたい面が接地するようにセルを回転させながらリブをはめていく

というのが良いと思われる

 

5.プレートの記号

・プレートの数がたりないところがあった

・1つの記号で2種類のプレートが必要であったが1種類しかない

 

6.ボンド、ネイル打ちの時間

今回は40分となっているが、フィンガー・リブの接着と全体の乾燥時間を含めておらず、1/1での考慮をしていない。注意。

 

7.ボンドが必要な箇所

・フィンガー

・ジョイント

・リブ

 

8.その他懸念事項

・鋭角部はリブが鋭く危険ではないか

→飛び出る側を辺の中点で結び5角形のような形にする

・切り出しデータの割り付けで一カ所線が重なる部分があった

→データ作成の最後に目視での確認を行う

 

 

明日の光製作所でのテストカット
5パターンほどのオフセット幅を用意。

本日(140615)にやること
■データの作成(担当:入矢)
1.オフセット幅を0.15mmから、0.05mm刻みで5パターン
2.ジョイントを含んだフレーム、リブ、クリップを用意

■材料のあたりをつける(担当:津久井)
1.ラワン9mmを調達
2.使用するボンドのあたりをつける。(森アトリエのものを持っていく)
明日(140616)にやること
■アポ(担当:渡邊)
1.月曜日にプレカットする約束で、時間が決まっていないので、朝に連絡して当日カットできるかを聴く。
2.データの送付
3.材料に関する相談

■材料(担当:入矢・津久井)
1.どこで買うか。電話確認。
2.何を何枚買うか(3*6板2枚?)
3.ボンドの購入

■プレカット(担当:津久井・入矢)
1.実際に工場に行ってプレカットを行う

 

MTGのログは⇒ http://000lab.com/?p=2500

140613_作業報告

 05.Log, Study  140613_作業報告 はコメントを受け付けていません。
6月 132014
 

■プロジェクションチーム

【決定事項】

1.月曜日に もう一台のプロジェクターは研究室のと同機種のものをレンタル(津久井)

2~3日で\5000~¥6000でレンタル可能

http://www.rental.reuseworks-jp.com/?item=benq-mw817st%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB-%E8%B6%85%E7%9F%AD%E7%84%A6%E7%82%B9

2.明日スクリーン用の布をユザワヤに問い合わせる(津久井・藤平)

【未定事項】

1.プロジェクタの固定方法とスクリーンの張り方

2.コンテンツは未

【明日のスタディ】18:00~

1.プロジェクタの固定方法とスクリーンのはり方を考える(+佐々木)

 

■  実務チーム

<報告>

1、L字の割り付けのコード(RhinoNest)を今日走らせていた(計12時間)

→バラバラに配置されている。このままじゃダメ。線7本で数字を書くプログラムを組み込む

 

2、モデル自体の懸念事項

→300mmスパンで割り付けた。クリップの数は14個できる。これが少なすぎるのかどうかは組んでみないとわからない

 

3、リブは四角形に戻す

 

4、L字I字分割スタディ
→佐々木ルールで配置を決定。プログラムを再度構築

 

5、レーザーカット業者選定報告

●見込みある(\0.25以下)業者‥

日東リード:0.2円/1mm→14日(土)メールで見積もりをもらう

光製作所:0.16円/1mm→土日の間にデータを送り、16日(月)に板材を持って行けばプレカットして下さるとの事

●それ以外でやっては貰えそうな業者‥

エルスエンジニアリング

ベルテックレーザ

→とりあえず連絡を待つ。

 

6、昨日作ったモデルを試算した結果

→・2面に絞る

・一番下だけインナーをつける

 

<検討>

1、RhinoNestで12時間は長すぎる。パラメーターを見直し

→・MIX 0

・20→5

にすれば圧倒的に速くなる。物によっては4枚/約20秒程度で出来そう。

→でも落ちた。

 

2、接着剤について

→木工用ボンド:水溶性で溶けるが‥これで良いだろう

 

<今後検討すべきこと>

・壁、屋根のスタディ

屋根分割パターン

 

上:4×8判のとき、11枚となる

下:3×6判のとき、19枚となる。

 

分割三パターン

DSC_0032

・おもし‥インナーの中に隠せるものを考える

・プロジェクションするもの(スクリーン的な)とプロジェクターを内側から取り付ける方法

・雨対策

140612_作業報告

 05.Log, Study  140612_作業報告 はコメントを受け付けていません。
6月 132014
 

本日、作成モデルが変更(以下リンクよりダウンロード)

https://docs.google.com/file/d/0BzaG9aV7or9OZUU1RExMSC1TRDQ/edit

 

■プロジェクションチーム

【決定事項】
1.最終モデルの変更:プロジェクターの投影距離、角度などから、現状のモデルではプロジェクターを設置することが困難と判明。条件をクリアできるモデルを、入矢モデルを元にポイントを操作することで、作成。これを最終モデルとする。

2.プロジェクターの位置の決定:研究室のプロジェクターを二台用いると仮定しての位置は確定。一台は借りてくるので、位置が変わる、

【未定事項】
1.実際に使うもう一台のプロジェクターが未定(配置もスペックにより変更)
2.固定の方法(吊り方)
3.コンテンツ

【今週末のマスト決定事項】
1.固定の方法

 

 

■実務チーム

高木の懸念事項の解消

 

1 レーザーカット業者選定

・・6/13に手分けして電話(佐々木、亀岡、渡邉、本間)

 

4 モデル・仕組みの再スタディ

-1 クリップの数が少ない(現時点520mmスパンで全体で9個のみ)

・・・クリップスパンを300mmにして試算を出す(6/13)

-2 リブを半分に切ると、大きい鈍角の場合潰れてしまい意味をなさないのでは

・・・リブは四角形に戻す。インナーフレーム側の突起(リブ穴に入る部分)をなくす(6/13)

-3 L字・I字分割スタディ

・・・佐々木ルール

・・・配置位置の決定

・・・I字にも必ずリブが2つ以上入るようにする

 

今後のスタディ

(6/13)

・業者に電話

・1/6モデルの切出しデータ作成(新しいモデル、割付は一部手動)

・のり付け(ネイルなど)の可能性リサーチ、選定

・壁と屋根の検討

140612_七夕祭MTG

 05.Log, Study  140612_七夕祭MTG はコメントを受け付けていません。
6月 122014
 

懸念事項:

1 レーザーカット業者選定

・・・藤沢産業はメンテナンスのため月曜まで木材カットテストが出来ない

・・・日東ディードが有力。明日再確認

・・・平行して藤沢以外の業者を洗い出す

・・・木材の摩擦をみるため本番前にサンプルをカットさせてくれる所を探す

 

2 木材の購入

・・・レーザーカット業者が決まってから本番用・テスト用の板材を購入

・・・三六判ラワンベニヤ9mm厚(1枚あたり4500円前後)

 

3 プロジェクション

・・・映像は後から

・・・プロジェクターからスクリーンに垂直に照射しなければならない

・・・上側のセルの内部のどこにプロジェクターを置いたら垂直かつ照射距離が十分になるか

・・・どのように置くか

 

4 モデル・仕組みの再スタディ

-1 クリップの数が少ない(現時点520mmスパンで全体で9個のみ)

・・・クリップスパンを300mmにして試算を出す

-2 リブを半分に切ると、大きい鈍角の場合潰れてしまい意味をなさないのでは

・・・リブは四角形に戻す。インナーフレーム側の突起(リブ穴に入る部分)をなくす

-3 L字・I字分割スタディ

・・・配置位置をどうするか(リブ・クリップとの関係は?)

・・・I字にも必ずリブが2つ以上入るようにする

-4 接合の機構をスタディ

・・・鎹(かすがい)なのか、ネイルなのか、ボンドなのか

 

今後のスタディ

(6/16研究会まで)

・1/6モデルを作る(1.5mm厚シナ合板、三六判5枚程度)

・カット業者選定

(6/16-17)

・カット業者決定

・サンプルカット

 

140610_七夕祭MTG

 05.Log, Study  140610_七夕祭MTG はコメントを受け付けていません。
6月 102014
 

かたレベルでの汎用性をもたせる

(サブリーダー:横尾、加藤、風祭、山嵜、梅澤のうちだれか)

院:佐々木、入矢、亀岡、渡邊

4年:藤平、塩澤

3年:中村、津久井、梅澤、横尾、山嵜、本間

2年:加藤、風祭、相原、石森

【実務】

リーダー 本間

サブリーダー(番頭)

院生 佐々木、入矢、亀岡

■レーザーカット

業者リサーチ 6/11

(藤沢産業の場合は四八判まで可能)

オフセット幅スタディ

■面 6/11-

屋根・壁の取り付け方

■設置 6/11-

おもしのスタディ

フィンガーを留めるスタディ

設置方法

■施工

施工の手順

【プロジェクション】2-3人

チームが決まったら打ち合わせ(方針会議)

リーダー 津久井

サブリーダー(番頭) 藤平

院生 渡邊

■プロジェクター

松川研のプロジェクターのスペック把握 6/11津久井

プロジェクターをもうひとつ確保(研究支援センターにお願い)

設置方法(つり方)スタディ

レンズの投影距離から配置を決定

→プロジェクタの投影距離、大きさ、設置方法、計算する

→レンズの中心と、投影されるスクリーンの関係性(うわば、したば、中心)

■映像

映像製作

–投影する映像の内容

 →スクリーンの形に合わせてマスクする。

 →最初は内容、作品を自分たちのできる範囲で作成、必要があれば、レクチャーを受ける。七夕祭であること、どこかに松川研のクレジット(メンバー含め)を入れること。

【プログラム】6/11 13:00-

高木、津久井、藤平、

■プログラム

リブをカットする/クリップの形

アウトフレームのフィンガー(インナーフレーム側)をなくす

インナーフレームをなくす

140607_七夕祭ログ

 05.Log, Study  140607_七夕祭ログ はコメントを受け付けていません。
6月 072014
 

form班はスタディ

detail班はひとまず中止

(詳しい流れは一番下に。)

 

■明日(140608)のスケジュール

入矢、亀岡、(藤平)、津久井、本間、加藤の計6人による案だし

1人1案、費用の試算(使用板材、加工代)も含めて完成させること。

 

■作成モデルの変更点

1.w:5000mm,h:5000mmの予定だったが、それより小さくて構わない。

2.インナーフレームをすべてなくす。

3.板厚5.5mmでスタディしていたものを、9mmに変更。

4.費用を試算して、できる限り30万円以下になるように。

他はコレまでどおり。

img025

1.カスケードに近いところに建て、正面から見た時カスケードの装飾含めフォトジェニックになる。

2.上のセルには面を貼り、内側からプロジェクションしたい。

3.上には屋根をつけ、プロジェクターと受付を雨から守る。

 

 

■昨日(140606での問題露呈の流れ)

昨日のform班のスタディーの結果、800*450板(ものづくり工房レーザーカッター加工範囲)に割り付けると、300枚近い材が必要であることがわかりました。

仮に、カッティングに1時間/1枚として、20時間/1日きり続けても、15日間かかるのはあまりに現実的ではありません。

外部業者に発注することを考えて試算したところ、130万円近くなることがわかりました。(カット費用は0.5円/1mm)

松川さんは25万円くらいで想定されていたそうです。

そこで、今回は、モデルからインフレーム(Iの字)をなくし、アウトフレーム(ロの字)とリブパーツ、クリップパーツのみでモデルを作ることになりました。

これらに加え、リブの間隔を広げ、穴を減らすなどのスタディーを行った結果、材料費を含め、37万円まで抑えることができました。

また、2セルで門を作って試算を行った結果、こちらは25万円ほどでした。

しかし、なんといっても、空中に1つセルが浮くのは試したいので、3セルでコストを抑えて形を生成するスタディーを行います。

また、コストに関しても、サイズを抑えるなどして、30万円以下になるようにしていきましょう。

140607_緊急ミーティング_書きなぐりログ

 #09. 2014/06/09(Mon), 05.Log, 1年環情_加藤 有里  140607_緊急ミーティング_書きなぐりログ はコメントを受け付けていません。
6月 072014
 

 

昨日は10枚分わりつけ

 

一体何枚になるのか

 

リブ1枚に6枚、→21

 

リブ&クリップだけで28枚

→全部で82枚

 

カット距離

138万

 

七夕再で見積もり25万

→今その5倍

 

今現在:オフセットしていない

 

リブ・クリップで1km

フィンガーだけで1km

+リブを入れる穴

 

→フィンガー減らしてネイルで止めることも難しい

→れいざーの使用を考え直す

→真っ直ぐにする?

 

如何にれいざーの加工距離を圧縮するか

 

 

セルを2個にしたら、3個にしたら、

リブを何種類か減らしたら、いくらになるのかをまず計算

 

初期価額の設定をどれぐらいにするのか?を決めておく

リブだけの状態で直線で出す

 

ひとつのセルの累積長さ→ふたつで30万?

 

中村さん:

ジョイント部をフィンガーでつくり、直線部材を角材で補う?

ジョイントと角材の接合はどうするのか

角材はやすく、100mm角とかにする?

 

松川さん

これまでの積み上げてきたのを極力使いたい

インナーを失くして、弱くなるがリブだけでするとか

 

中村さん

四角形ではなく三角形に

 

松川さん

それだったら二面取った方が1/2になる

そんな単純じゃないが…

 

リブが入っているスタディ

→部分的でいいので、二面とってリブだけのものがどのくらい強いのかを考える。それでいくらになるのか計算。リブの数は変わらないが、材料ひは半分くらい?→それで資産費をだす

それであたりを見て、少しの調整で済むのなら

フィンガー、リブを減らしていけば解決できる

 

→でもクリップは…?直線の間で挟む?

→クリップ・リブぬきで32万くらい

→リブ穴を減らす。24とか6はプログラミングのリブ穴のスパンを決めるコードの中で決まっていた?

リブ穴みぎあるいはクリップ穴らへん

24の数字の意味とは?

この二つのパラメーターを6に変化させても出来ない→アウトフレームの方にも入っているので二回まわさなくてはいけない

→やっぱ6だったそうなので、3に設定し直して資産をとる

今一番有力そうなのは、二枚どり+リブ残し

資産は津久井しと佐々木さん

 

リブだけになった時どれくらいの強度になるのか気になる

→インナーフレームだけ取って確認

 

 

 

 

 

 

140605_七夕祭_detail班MTG

 05.Log, Study  140605_七夕祭_detail班MTG はコメントを受け付けていません。
6月 052014
 

■スタディリスト

 

1:部材のオフセット距離

-フィンガーのオフセット距離 6/6

-リブのオフセット距離

-リブ穴のオフセット距離

-クリップのオフセット距離

 

2:フィンガーの幅 6/6

12mm/18mm/24mm

offset 0.1mm/0.2mm/0.3mm

切ってみてから、各パラメータを細かく試す。

 

3:5.5mmのレーザー設定調整

 

4:リブ穴のスパン *NEW

 

5:フィンガーの強度アップの仕組み

-ネイル、かすがい、接着剤…

 

6:屋根の機構

 

7:不織布の取り付け機構

 

8:受付の機構

 

■CAADRIAの教訓

フィンガージョイント・・・フィンガー距離とoffset距離が途中で変更になった

 

///////////////////////////////////////////////////

1,2,3を6月8日までに

1:1モデル用パラメータに変更したGHファイル

Googleドライブ-> 000lab -> 七夕祭 -> 140605_1:1

///////////////////////////////////////////////////

 

■スケジュール

 

1.6/6 must

・フィンガーのオフセット距離

・フィンガーの幅

・出力/速さ

・ネイルのアイディア出し

・ものづくり工房のカギ(最短:日曜の夜まで、希望:月曜の朝まで) →うららさん

・板材の発注が必要かどうか検討

・時間を試算

 

2.6/6 must

・144*144*800のチューブを作る(リブ入り)

(目的:リブのオフセット(リブ自体、リブ穴)、リブの間隔) →松川さんと相談

 

3.6/7以降

・L字、I字の分割

・セルを2個つくる

・クリップのオフセット検討

 

 

140604_七夕祭_MTGログ

 05.Log, Study  140604_七夕祭_MTGログ はコメントを受け付けていません。
6月 042014
 

参加者:高木さん、津久井、相原、本間

 

高木さん:コードについて

 

■最新のプログラムの使い方について

(Google ドライブ→000lab>CAADRIA>CAADRIAスタディ>Programing>140512>.3dm/.gh)

変更点1 リブ・クリップが過不足なくでるようになった。

変更点2 テキストオブジェクトがテキストになったからイラレでアウトラインかしないといけない。

変更点3 テキストクリップとカットパスのグループをベイク

 

■懸念事項

1 インフレームとアウトフレームでぶつかるところがある(未解決問題)

2 L字、I字の分割後の各パーツを別個に取り出すコードがまだない(手動?)

3 板面に対しての自動割付プログラムがまだない

 

■今進めているプログラム

自動割付プログラム: 板面に対して部材を割り付ける

 

■やったほうがいいスタディ

1 L字、I字のジョイントを使って1セルを組んでみる

2 ジョイントを入れる場所のアルゴリズム

3 クリップそのものにオフセットを入れるか

 

■form班

作成モデルのレギュレーション(詳しくは明日解説します。)

1.width 5000,height 5000が目安

2.3つのセルによって門を作る

3.一番上のセルに面を張って屋根をかけた時に、下のセルの雨対策もかねられるのが理想

4.一番上のセルのプロジェクションする面はカスケードに対して関係性を持つ

5.下のセルには受付の機能を満たせるだけの広さを与える

■スケジュール(form班)

0604水 18:30- 準備MTG

0605木 18:30- 生成モデル決定スタディ/費用試算(佐々木、亀岡)

0606金 18:30- 生成モデル決定スタディ/費用試算

0607土 (未定)- 生成モデル決定/ビジュアライズ(平面、断面、パース+試算)

0608日 (未定)- ビジュアライズ(平面、断面、パース+試算)

0609月 16:30- 研究会にて発表

0610火 学事に報告

 

140603_七夕祭_MTGログ

 05.Log, Study  140603_七夕祭_MTGログ はコメントを受け付けていません。
6月 032014
 

参加者:松川先生、本間、中村、津久井、相原、梅澤

 

■門の場所

去年まではαのピロティに建てていた。

もっと目立つα館とΩ館の間、狭い方の階段をのぼってすぐのところに立てたい。

 

■補足事項

Ω館の壁(α館方向)に壁画がある。2.5m×7.5m

門の近くに受付が必要。

カスケードの壁にオブジェクトがくるが、視線の妨げにはならない。

α、Ω、メディアセンターの間にやぐらがくる。やぐらを中心に盆踊りをしたりするので、門が邪魔になるかもしれない。

α、Ω館間に吹き流しのような垂らす装飾がくる。

→門に装飾をかけたりしてもよい。

七夕祭の時期は雨が多いので雨の対策。

花火後、帰る人たちはほぼ門を通るのでカスケード側だけでなく背面にもプロジェクション等が必要。

 

■成果物の目標

カスケードに近いところに建て、正面から見た時カスケードの装飾含めフォトジェニックになる。

5セルのイメージ、中央の1セルが抜けており人が通る。

中央の抜けは一人二人が通れる程度の大きさでいい。

大階段小階段両方の動線を誘導できるような形、

上の2セルには面を貼りプロジェクションしたい。

→半透明な不織布などにバックプロジェクションをする(オプションとして)

下の2セルを受付などに使う。

→雨が吹き込まないように透明な素材で壁を作ってあげる。

上面には屋根をつける。

セルを決定する関係性の線に何らかの意味を持たせる。

 

幅5000くらい、高さはMAXで5000くらい、奥行き2000くらい

柱梁は150mm角ほどで行なう(要検討)

素材:9mmの合板のレーザーカットは厳しいので、5.5m厚の合板を使うことになりそう。

 

摩擦でもつのが理想だが、万が一を考えて、何かしらで補強をする。

転倒防止策。下にアンカーが打てないので、土嚢や下のフレームの中に重しを入る。

 

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今週することの担当者決め/具体的な活動
■形のスタディ→成果物をfix

☆津久井、相原、石森、山㟢、加藤、風祭、佐々木、亀岡

 

■マテリアルスタディー(レーザーを使ってフィンガーサンプルを作成)

中村、(梅澤)、横尾、藤平、うらら、入矢、塩沢

 

■一日単位での目標の設定

0602Mon/研究会

0603Tue/MTG

0604Wed

0605Thu

0607Fri

0608Sat

0609Sun

 

■人のマネジメント

CAADRIA研究ノート

 05.Log, Study  CAADRIA研究ノート はコメントを受け付けていません。
5月 122014
 

 

◇決定事項

厚み:2.5mm

素材:ラワン合板

縮尺:⅙

 

 

#########################################################################

# 1.オフセット幅の検討

# 担当:梅澤

#########################################################################

板厚2mmの板、フィンガー幅8mm、で実験

切り出しデータはhttps://drive.google.com/file/d/0B-j32TGPdaDCQzlKT3MxbjhUbjQ/edit?usp=sharing

 

offset幅 0.200mm, 0.150mm,  0.125mm, 0.100mm の4パターンを検討した

 

結果

0.200mm:フィンガーが入らなかった

0.150mm:フィンガーは入ったもののとても硬く入れづらい

0.125mm:適度な硬さで組み立てやすい

0.100mm:適度な硬さで組み立てやすい

 

リブなしの状態で0.100mmよりも0.125mmの方が対角線上の力に対して強かったので

offset幅0.125mmがよいと思われる。

#########################################################################

# 2.フィンガーの幅の検討

# 担当:梅澤

#########################################################################

板厚2mmの板、offset幅0.125mmで実験

切り出しデータはhttps://drive.google.com/file/d/0B-j32TGPdaDCSy1oUEV0MGNBNTQ/edit?usp=sharing

 

finger幅 8mm, 6mm, 4mm, 2mm の4パターンを検討した

 

結果

8mm:程よく組み立てられるほどの硬さ

6mm:程よく組み立てられるほどの硬さ

4mm:それなり硬いが素手でも組み立てられる硬さ

2mm:とても硬い、素手では無理でゴムハンマーなどがないと組み立ては難しい

 

実験では100mmの長さの梁で作ったが実際にはもっと長くなることもあり、長くなるにつれて組み立てが難しくなると思われる。組み立てやすさならば8mm幅だが、4mm幅、2mm幅を採用する場合はoffset幅を0.125mmよりも小さい値にしないと組み立ては難しと考えられる。

■5/1 MTG

オフセットとフィンガーの幅をFIX

オフセット0.125mm で フィンガーの幅4mm で決定

#########################################################################

# 3.長いIの字、ロの字の分割ジョイントの検討(ルールを全部適用させて成り立つかどうか、レーザーで強度を確かめる)

# 担当:入矢

#########################################################################

■4/30

ジョイントの作り方:山と谷の始まりのところで切り、末広がりのフィンガージョイントをつくる。

ジョイントの位置:ロの字のパーツをL字に分割する。その際に、時計回りにL字にすることでジョイントがほかのところにぶつからなくなる。

 

■5/1

1.ロの字をL字に分割

2.L字の各辺が800mmより長い場合、外外の中点で辺を分割

3.2を、L字部材が800mm以下に分割されるまで実行(ロの字の分割は完了)

4.Iの字を分割する;同じ辺を構成するほかの3つの板材のうち、向かい合う材(Iの字の向かいはかならずL字)と同じ位置で切断する。

 

■5/1 MTG

上記のルールで一度作ってみる

#########################################################################

# 4.リブの形・間隔

# 担当:入矢、本間、加藤

#########################################################################

■4/30

【梅澤案】

データ:1/6スケール

https://drive.google.com/file/d/0B-j32TGPdaDCa2w1QkdzMFZBeFk/edit?usp=sharing

→ひとつのユニットから異なる3辺を取り出し、各辺にリブをモデリングした

 

問題点:

・ユニットごと動かしてジョイントさせなければならない。

・1:1スケールは現実的でない

・T字の向きが現状ではそろっていないので、1方向にスライドさせてジョイントさせることができない。

・辺の内部に組み込む。一枚フタをはずしてリブを組み込み、フタをする。可能か?

・引張りに耐えうる形ではない。摩擦力のみ。

140430_ume_rib_1.PNG140430_ume_rib.PNG

#########################################################################

# 5.ユニットごとをどうつなげるか

# 担当:入矢、本間、加藤

#########################################################################

4/30

【梅澤案】

リブの一辺にT字型のジョイントパーツが生えた形状を考えた(モデル参照)

https://drive.google.com/file/d/0B-j32TGPdaDCa2w1QkdzMFZBeFk/edit?usp=sharing

結合する板材の両方にT字の穴をあけ、ジョイントパーツを挿入後スライド、

空いたスペースに板材を挟んで押さえ込む。

ジョイントパーツは単純なT字だと梁の構成できる角度に制限が出来てしまうため

形は要検討

140430_ume_rib.PNG

140430_ume_rib_1.PNG140430_ume_rib_2.PNG

5/1

【風祭案】

・ユニットの結合部の、外側から部材をはめる。

・ユニットを組み立ててから、分解することなくジョイントできる。

・鋭角、鈍角どちらも作れる。シンプル

 

問題点:

・リブ本体(ピンク)、押さえの部材(青)ともに、摩擦力でしか保たれない。逆さまにしたら落ちるかもしれない →ギチギチに切り出せばよい

140501_ayumi_rib_1.PNG140501_ayumi_rib_2.PNG

【塩澤・渡辺・本間案】

・ユニットの接合部の外側からはめ込み、分解する必要はない

・差込口はT字で、差し込んだ後にスライドさせる形

・鋭角、鈍角のバージョン

 

問題点:

・二つの四角形を結ぶ部分が小さい。ここに、ユニットが離れる方向の力がかかると思われるが、この方向の力に対して弱いのでは(部材が割れる?)

140501_homma_rib.PNG140501_homma_rib_1.PNG

140501_homma_rib_2.PNG140501_homma_rib_3.PNG140501_homma_rib_4.PNG

#########################################################################

# 6.モデルの成り立たない場所の修正

# 担当:高木、藤平

#########################################################################

14/04/30

・トリム時に線一本残る問題 *解決

・inFrameの外内と内々の場合分け問題

#########################################################################

# 7.面の割り当てプログラム(セルの番号、辺の番号 or 面の番号)

# 担当:高木、藤平

#########################################################################

#########################################################################

# 8.CAADRIAシミュレーション(板材枚数・工程・時間・人数)

# 担当:本間

住宅サイズを3人3チームで作った時にどのくらいの時間がかかって、どのくらいの部材量になるのかを検討する。

#########################################################################

■4/28まで

 

2400*2400*2400 →1/3スケールで800*800*800

1ユニットあたり 三六判1枚

5ユニット(voronoi5分割)

 

■4/29-30

 

〔設定条件〕

住宅10m*10m*6m →1/6スケールで1.6m*1.6m*1m

部屋数12

板材96mm幅→1/6スケールで16mm

板材割付率60%とする

 

〔計算方法〕

1)voronoiを生成(12分割)

2)各ユニットでsilhouette→length :ユニットを構成する線の総延長を測定

3)12ユニットの合計を算出

4)1/6倍 :実際に切り出すscaleに変更

5)4倍 :各辺を4枚の板材で構成する

6)16倍 :[辺の長さ]×[板の幅16mm]で必要面積を算出

7)5/3倍 :割付時にできる隙間を考慮し、板の賞味60%に割り付けるとして100%の面積(板材として必要な面積)を算出

8)[800*450の板材4枚]≒三六判 として7の面積から必要な三六判の枚数を算出

 

〔結果〕

この方法で

1:6スケール ⇒1boxあたり三六判 約8枚必要:1boxあたり4*8=32回レーザーカットする

1:12スケール ⇒1boxあたり三六判 約2枚必要:1boxあたり4*2=8回レーザーカットする

1:3スケール ⇒1boxあたり三六判 約32枚必要:1boxあたり4*32=128回レーザーカットする

と結論付ける

 

〔データ〕

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1n7lVhmi3daCyKPCeRyBhhaHWzMTVPW1EracN2irLPyU/edit?usp=sharing

 

3パターンのboxで検証

voronoi=12, scale=1:6

box1

box2

box3

三六判の枚数:枚

8.004149506

7.753326173

8.099585432

avarage

7.952353704

 

voronoi=12, scale=1/12

box1

box2

box3

三六判の枚数:枚

2.001037377

1.938331543

2.024896358

avarage

1.988088426

 

voronoi=12, scale=1:3

box1

box2

box3

三六判の枚数:枚

32.01659802

31.01330469

32.39834173

avarage

31.80941481

【結論】

住宅10m*10m*6m →1/6スケールで1.6m*1.6m*1m

部屋数12

板材96mm幅→1/6スケールで16mm

板材割付率60%とする

→縮尺 1/6で決定

 

1チーム当たり → 三六判20枚

合計3チーム →三六判60枚

レーザー板サイズ→910x450mm

レーザー加工エリア→813 x 457 mm

 

種類:ラワン合板

厚み:2.5mm厚

サイズ:910x455mm

数量:4 x 60 = 240枚

概算:700円(三六判) x 60 = 42000円(上記サイズへのカット代は考慮していない)

■5/5-

【シミュレーション】

ラワンベニヤ(450*800*2.5mm厚)を買ってくる。(ユニット3つ作れるだけ)

部屋数4くらいで1box(box自体を小さく:600角:実寸3600角)作る。

レーザーカッターの仕様

 

PLS 6.15D (813*457)

http://www.amtekcompany.com/universal-laser-systems/universal-laser-systems-pls-6-15d-with-superspeed/

 

VLS 3.50 (610*305)

http://www.ulsinc.co.jp/products/vls350/

#########################################################################

# 9.5/5 MTG

# 担当:横尾

#########################################################################

 

・programming班_報告

 リブのコードのスタディ

 リブの位置をoffsetせずに設定→各パスの最短の面の検討

 ロノ字の分割に干渉?→必ずリブ1つ分以上離してあるので解決済み

 Iの字の部材のスタディ

 フィンガージョイントのoffset_wの誤差のために組めない部材がでてくる

・modeling/模型班_報告

 セル同士の結合パーツのスタディ

 引っぱりの力に弱い現況であるが、今のところ現案のままでモデル作成

 部材割り付けのスタディ

 ロノ字の部材とIの字の部材の番号が対応していない

 各部材にオリジナルの番号が降られていないため、どのセルのどのパーツか把握しづらい

5/5タスク

modeling班

□リブ付きver.試作(穴の数 5or3/path)

□セル同士の結合試作(位置と個数 5or3/path、あるいは偶数)

□部材命名法の検討

 

programming班

□(ロノ字部材の分割)→割り付けアルゴリズムのスタディ

□リブ穴の位置の修正

□セル同士の結合用データの作成

□offsetの修正

#########################################################################

# 10.5/6 MTG

# 担当:津久井

#########################################################################

■成果物の方針

 

□大きすぎないセル(少なくとも現状のものより小さい)

□CAADRIAの展示スペースは2m*2m*2m

□モデル数:2

□部屋数(セル数):4~6

□スケールを1/6から1/12に変更(現状のフィンガーの大きさや変自体の太さでは、1/6スケールはかなり頼りない強度なので、板の厚み、フィンガーの大きさなどは現状のまま、モデルのサイズだけ変更します。)

■TASK(終わったものは打ち消ししています。)

 

modeling班

□セル同士の結合

□制作モデルの決定(松川さんのシステムで、家っぽい形を作り、WSで制作するものを決定する。)

□山々の確認(本間)⇒モデル上は正しかった

□木材の購入(松川さん)

 

programming班

□分割のポイントを動かす(松川さん)

□割付(松川さん)

□ジョイント・リブ穴の位置(高木さん)

□セル同士の結合クリップの作成(高木さん)

□リブの命名(高木さん)

#########################################################################

# 10.5/6 MTG

# 担当:本間、入矢

#########################################################################

■4つのモデルを作成することが目標

 

■スケール変更

今までのモデルを1/6ではなく1/12とみなす。

諸パラメータが2倍になる。

見付 96*2=192mm

板厚 13.8*2=27.6mm

offset 96*2=192mm

■松川さんのプログラムを用いてモデルの決定

google drive内の5月7日松川フォルダに入っているプログラムを用いてセル数5前後のモデルを生成する。

その際に、inner_point、outer_pointを動かすことでモデルを動かすことができる。

inner_pointをボロノイ分割することによって部屋を生成する。床面を平行にしたいときには、inner_pointのxの値を等しくする。

外壁を平行にしたいときには、関係するinner_pointとouter_pointをtopビューでもfrontビューでも同じ位置にする。

セル数を増やす際には、inner_pointのレイヤーに点を生成し、inner_box内に移動し、inner_pointすべてを選択して、grasshopper内のinner_pointコンポーネントにset multiple pointsを行う。

■フレーム生成判定方法(高木さんのコード)

生成したvoronnoiを、grasshopperのgeoに割り当てる(set one/multiple geometry)

オフセットにより小さな面が消えるとエラーが出る

エラーが出たら別のモデルで試す

■屋根について

1.屋根をかける面を選ぶ

2.面の外形線をそのまま切り出す(ロの字の中が埋まった状態)

3.面のまわりのフィンガーを板一枚分延ばす

polytopiaから3Dモデルをライノにインポートする方法

 Setting  polytopiaから3Dモデルをライノにインポートする方法 はコメントを受け付けていません。
4月 142014
 

■必要なソフトウェア
・Rhino5(32bit) ※Rhino4→Rhino5 64bitへアップグレードした人は同時にインストールされているはず
・Connector/NET ※データベース(MySQL)とのコネクタ。
・PuTTY ※SSHクライアント。SSHトンネル。

■Connector/NET
http://000lab.com/?p=1530

■PuTTY
1.ダウンロード
http://the.earth.li/~sgtatham/putty/latest/x86/putty.exe

2.セッティング
http://000lab.com/?p=2178
(※要ログイン。サーバのパスワード情報が含まれるので取り扱い注意)

■RhinoPythonコード
http://000lab.com/?p=2182
(※要ログイン。データベースのパスワード情報が含まれるので取り扱い注意)

内田祥哉『建築の生産とシステム』、住まいの図書館出版局、1993

 Books  内田祥哉『建築の生産とシステム』、住まいの図書館出版局、1993 はコメントを受け付けていません。
3月 282013
 

GUP(A Group of University’s Prefabrication System)p82

 

住宅のストック、経理府「日本の住宅」、建設省「建築統計年報」p112

1968年住宅のストックの数が日本全国の総所帯数に追いつく

1973年全都道府県でも充足

 

住宅の多様化における「プレファブリケーションとマスプロダクションの関わり」p114

プレファブリケーションとは部品の大型化に尽きる。部品の大型化を生産能率を上げる大量生産と結びつければ、画一化にならざるを得ない。もし大型部品を用いて多様化を図るとすれば、少量生産にならざるを得ない。したがって、プレハブで多様化を果たすには少量生産となる。

逆に多様化に大量生産を結びつけようとするなら、部品の小型化を考えざるを得ない。多様化の中で生産能率を上げる方法は、大量生産に向く部品は小型化すること、少量生産せざるを得ない部品はプレファブ化すること。これらを組み合わせるのが多様化の生産性工場への道である。

 

「トロッケン・モンタージュ・バウ(乾式組立構造)」グロピウス、バウハウスp122

 

システムズビルディングの海外事例

・「CLAP(Consortium Local Authoritie’s Special Plogram)」イギリスの複数の自治体が連合して開発した学校建築システム

・「SCSD(The School Construction Development)」サンフランシスコの学校不足を解消するため

・「SEF(Study of Educational Facilities)」カナダ

・「SAR(Foundation for Architectual Research)」ハブラーケン、オランダ、住宅は住居者参加でつくるべき、ex.モーレン・フリートの住宅団地

・「NEBS(New Equipment-Building System)」アメリカのベル電話会社が開発。そのコンピュータ・システム「MELD(Mecanized Equipment Layout and Design)」

 

システムズビルディングの日本事例

・「GSK(Gakko Shisetsu Kenchiku)」教育施設開発機構

・「GOD(the Government Office building Development system)」建設省営繕部

・「KEP(Kodan Experimental Project)」日本住宅公団

・「NPS(New Plan Series)」建設省住宅局

・「CHS(Century Housing System)」

・「BL(Better Living Agreement System)」日本住宅部品開発センター

 

増改築自在システム、万能木造格子梁p184

 

「木造住宅の間取り替え自在システム成立条件」p188

(1)三尺(910)グリッド

(2)グリッド上に壁、開口部等を配置

(3)柱の太さは100mm前後

(4)壁の厚さは柱の太さより小さい

(5)横架材(長押なげし、廻り縁などは除く)も柱の内側で納める

(6)部屋の広さは最大で8~10畳ほど(梁を掛けるための対向する壁の距離は2~2.5間程度→柱の太さは芯持剤で約100mm前後で納まるため、壁が移動することがあっても変わらない)

(7)和小屋。如何なる形の平面にも、一般的な手法で雨仕舞を処理できる屋根形の一般解(飯塚五郎蔵)。最大14種類の特異点の納まりを解決すれば、あらゆる場合を尽くすことができる。

 

「教育の風景のなかの内田祥哉論」原広司

建築の作り方を考案し〈か〉、完成された姿は他者に真似できるところではなく〈かたち〉、背景に思想が見えている〈か〉app5

「ビルディングエレメント論」

建築は要素の集合である。これをいかに組み合わせ、組み立てるか。それが構法的側面である。

一方、建築の要素は、原則的に閉ざされた空間を形成する。すると、建築の要素つまりビルディング・エレメントは、内と外との境界面を形成するのが第一義であり、この内と外の二領域には、マッハのいう感覚要素、内田祥哉によれば、熱、音、空気等々の「作用因子」の交換があって、ビルディング・エレメントないしはその部分集合は、これらを制御する働きを持つ。この境界面の働きと、生活に供する内の空間の状態は、性能的側面として把握される。

この「構法」と「性能」を一体的にとらえ、設計方法として全体化するのが「ビルディング・エレメント論」の課題である。

建築の体系的な学などはあり得ない。もし、体系があるとすれば、それは極めて初期的な構想と、その構想に基づいた設計内容が、体系的なのである。

 

 Posted by at 10:58 pm